SAROME VAPE-1 徹底レビュー!たばこカプセルを付けてみた

更新日:

SAROME VAPE1 プルームテックたばこカプセルをレビュー

プルームテックのシェアが伸び始めてからというもの、様々な互換機器や、関連グッズが販売されています。

そんな中、個人的に注目しているのが「ベイプ」と「プルームテックのたばこカプセル」両方が使えるタイプの製品です。最近、そうした用途のベイプや、たばこカプセルが取り付けられるドリップチップを使っている方が多くなったような気がしています。

普段はベイプとして使い、ニコチンを摂取したい時にタバコカプセルをセットする。

ベイプもプルームテックも両方使いたい私にとっても、こういう使い方はけっこう理想的。
そして、ベイプとプルームテック両方が使える製品を調べていると、必ず出てくるのが、今回レビューするSAROME(サロメ)VAPE-1です。

正直なところ、前回レビューした JUSTFOG Q14 が、なかなか良かったので、結構ハードルが上がっている気がします。

  • SAROME VAPE-1は、ベイプとしてしっかり味が出るのか?
  • プルームテックのタバコカプセルの味もしっかりと出るのか?
  • たばこカプセルを取り付けるために、専用設計されたドリップチップの吸い心地は?

さっそくSAROME VAPE-1を購入。安価で高品質なプルームテック互換機がたくさん発売されている今、この製品を使うメリットはあるのでしょうか??

実際に使ってみた感想をレビューしていきたいと思います。

SAROME VAPE-1

sarome vape1

おすすめの通販サイト

30日の返品・交換保証、問い合わせサポートもある「べプログショップ」がおすすめ。

3,000円以上は送料無料!

その他の通販サイト

SAROME VAPE-1 スターターキットとは

SAROME VAPE1とは

はじめに、この製品について簡単に紹介しておきます。

SAROME VAPE-1 スターターキットは、株式会社サロメのオリジナル製品。株式会社サロメは、ハンドメイドの高級ライターやシガレットケースなどを作っている、老舗の製造販売会社。創業は、なんと1940年というから驚きです!

オリジナルのハンドメイドライターには定評があるようで、実際にどのようなライターを作っているのか調べてみました。ハンドメイドならではの技巧を凝らした、圧倒的に高い品質の製品ばかり。

サロメのライター、、ハンパなくかっこいいですね!

電子タバコの市場拡大によって、喫煙具の販売も多少多角化が必要なのでしょうか??
SAROME VAPE-1は、老舗喫煙具メーカーのブランド名を冠した、最初の電子タバコキット。

嫌でも期待せずにはいられませんよね?

中身はOEM製品(Eleaf iCare)

SAROME VAPE-1

ベイプを以前から愛用している皆さんなら、SAROME VAPE-1の本体を見て、この製品がOEM製品(委託製造製品)であることにすぐ気が付くはず。

OEMというと、なんとなく安っぽいものだというイメージを持つ方もいるかもしれません。しかし、ベイプ製品に限って言えば、日本で製造をしている会社を個人的に見たことも聞いたこともありません。

日本の販売会社が海外の企業に製造を委託し、独自のブランド名で販売している(OEM)のが一般的です。
日本国内でベイプが製造されていない理由は、もともと、電子タバコは中国企業が開発をリードしてきた背景があるようです。

中国では、歴史的にも電子タバコの開発に長い時間と労力を傾けてきました。そんな背景もあって、製品や規格に関する特許は、ほとんど中国企業が保有しています。
中国企業の電子タバコは、今では世界中で圧倒的なシェアを誇っています。品質も高く、常に最先端の電子タバコの開発も、やはり中国が先行しています。

OEM製品だから良くない製品、ということは、特に電子タバコに限っては無いと思います。

前置きが長くなってしまいましたが、今回のSAROME VAPE-1は、Eleaf iCare 140 のOEM製品。
下の写真の左側がEleaf iCare。右側が、SAROME VAPE-1です。

SAROME VAPE1とEleaf iCare140

Eleafと言えば、中国が誇る世界的な電子タバコ企業のひとつ。
私も日頃から愛用している iStick Picoなど、世界的なヒット商品を生み出すメーカーです。

ただし、ちょっと気になるのは、iCare 140 は2016年頃に発売された製品ではないかと思います(はっきりせずすみません)。
ちょっと前の製品ということになるので、吸い心地がどうなのか?性能が著しく劣っていないのか?など、気になるところですね。

開封してまず驚いたこと

さて、実際に手元に届いた製品を開封してみます。

SAROME VAPE1 箱

、、これは!
まず驚いてしまったのですが、箱がものすごくしっかりしているということ。
断言できますが、これまで購入してきた、どのベイプの箱よりもしっかりしています。

これまで、レビュー記事を書く時に「わざわざ箱なんてレビューしなくていいよな?」という考えで、箱についてはほとんど触れてきませんでした。
他のブロガーさんのレビュー記事を読んでいて、「箱についてわざわざ丁寧に書かなくてもよいのでは?」という気が、毎回していました(ごめんなさい)。

 

しかし、今回ばかりは箱についてレビューしないわけにはいきません。

 

外箱は、黒いつや消しのブラック。
手触りがなめらかで、慎重に素材を選定していることが分かります。傷ひとつありません。

「SAROME TOKYO」と書かれたシルバーの箔押しも、くっきりはっきり印字されています。コストをかけて作っていることが想像できます。

SAROME VAPE1 箱

さらに、このダンボール箱の箱を開けると、なんとなんと!次はプラスチックのケースが!

SAROME VAPE1 プラスチックケース

そして、このプラスチックケースのフタは、わざわざ磁石でくっ付くように作られています。
ちょっと力を加えてフタを持ち上げると、パカっと気持ちよく外れる仕掛け。

SAROME VAPE1 プラスチックケース

ここまでしてくれたんですね、、

さすがに、高級ライターを販売しているメーカーというだけあって、箱ひとつとってみても「変な物は作らない」という、プライドというか意地を感じさせます。

ケースを開けると、中の作りもしっかりしています。それぞれの製品がぴったりとはめ込まれ、取り出しやすいように工夫されています。

SAROME VAPE1

SAROME VAPE1 ケース

これまで海外のベイプを沢山購入してきました。
どの製品の箱も、なんとなく見た目はしっかりしているような印象がするのですが、毎回、箱から取り出しにくかったり、小傷がたくさん付いていてるのが当たり前。

箱だけで作り手の性格や意識がよく伝わってくる気がします。素直に、「さすが老舗メーカーというだけあるなぁ」と感心してしまいました。

このしっかりした箱なら、プレゼントとしても自信を持って渡せますね。

SAROME VAPE-1 スターターキットの付属品

箱についての話が長くなってしまいました。気を取り直して、付属品を説明していきます。

SAROME VAPE1

付属品

  • 本体(プルームテック たばこカプセル用 ドリップチップ付き)
  • コイル × 2本
  • 説明書・保証書
  • リキッド10ml ×1本
  • 充電ケーブル

特筆すべき点を補足しておきます。

説明書・保証書

SAROME VAPE1 説明書 SAROME VAPE1 説明書

ベイプ製品の場合、日本語の説明書がついていない、保証書がついていない、というのが普通です。

またもや「信頼性」についての話になってしまうのですが、今までのベイプ製品では見たことがないくらい、しっかりした説明書が付いています。
保証期間は、なんと3ヶ月、サポートダイヤルの番号も記載されています。

ベイプ製品を購入して、サポートダイヤルがある?保証が3ヶ月?!

これはちょっとした驚きです。

日本の家電製品なら、サポートダイヤルや保証は当たり前なのでしょうが、ベイプはほとんどが海外の製品。
保証やサポート、説明書がないのは普通のこと。

専用設計のドリップチップ

SAROME VAPE1 ドリップチップ

プルームテックを取り付けるための、ドリップチップ(口にくわえる部分)は、SAROMEの独自製品。
ここも、もちろんつや消しのブラックで統一されています。

金属加工技術にこだわる会社だけに、期待も膨らみます。
いちおう、ドリップチップ単体での販売もされているようですね(以下)。

 

SAROME(サロメ) VAPE-1ブラックドリップチップ 液跳ね防止 Ploom techタバコカプセル装着可能
サロメ
販売価格 ¥659
(2018年3月8日 の価格)
プルームテック たばこカプセルが取り付け可能

リキッド

SAROME リキッド

リキッドも、SAROMEオリジナルの商品。

いくつかの種類が販売されていますが、味には定評があるようです。今回付属していたのは「SAROME ダブルメンソール」。少し強めのメンソールフレーバーですね。
このリキッドを吸ってみた感想は後ほど紹介しますが、かなりしっかりとした強めのメンソール。

ここでちょっと補足ですが、もしプルームテックの「たばこカプセル」のみ味を楽しみたいのなら、なんの味も付いていないリキッドを購入しておくことをオススメします。SAROMEからも、たばこカプセルを味わうために無味無臭のリキッドが販売されています。

 

ベースリキッド 10ml
サロメ
販売価格 ¥861
(2018年3月8日 の価格)
たばこカプセルを味わうための、無味無臭のリキッド。

 

この他にも、ベイプにはリキッドを薄めたり自作する人のために、「ベースリキッド」と呼ばれる、味のついていないリキッドが販売されています。

ベースリキッド

味の付いてない、ベースリキッド

以下の製品の方は、内容量がとても多い上に、低価格。品質も特に問題はありません。

私も普段使用していますが、詰め替えの手間が嫌ではないという方なら、こちらの方が量的にはかなりお得です。

 

ファンタジーグリセリン(VG)、プロピレングリコール(PG)ミックス品 (混合比VG70:PG30(250g))
リッチパウダー
販売価格 ¥756
(2018年3月8日 の価格)
250gも入ったお得で高品質なベースリキッド!

 

プルームテックの味のみを純粋に楽しみたいという方は、無味無臭のリキッドを追加購入しておくとよいと思います。

コイル

コイル

ベイプを使用している人ならご存知の通り、ベイプのコイルは消耗品です。味の異なるリキッドを入れたり、風味がおかしくなってきたら交換のタイミング。

使用頻度にもよりますが、数日から1週間近く使用したら、交換は必須。すぐに交換が必要になると思うので、コイルも追加購入しておくことをおすすめします。

 

SAROME(サロメ) VAPE-1コイル2P
サロメ
販売価格 ¥589
(2018年3月8日 の価格)

ベイプとして吸ってみた感想

では、さっそく使っていきましょう!
説明書が付属していますので、使い方はざっくりとだけ説明します。詳しい使い方は、購入時の説明書を読みながら使ってみてください。

ざっくりと使い方の流れ

まずは充電から。

付属のケーブルを本体に差し、パソコンやACアダプターに差し込んで充電します。ケーブルはマイクロUSB端子なので、市販品でも代用できます。

SAROME VAPE1 充電

次に、コイルを取り付けましょう。
本体の上の方のキャップ部分を回して、本体から取り外します。

SAROME VAPE1

付属のコイルを、キャップの下部に取り付けます。

SAROME VAPE1 コイル取り付け

SAROME VAPE1 コイル

コイルを上の写真のように取り付けたら、タンク部分にリキッドを注入します。
タンク表面に、満タンを示すラインがあります。

ここを越えないように入れていきましょう。

SAROME VAPE1 リキッド注入

SAROME VAPE1 リキッド注入

本体のキャップ部分を元に戻して、セット完了です!

ポイント

コイルにリキッドが浸透するまで、少し時間を置いておきます。
コイルにリキッドが浸透しないまま吸うと、コイルが焦げて風味が変わったり、イガイガしたりして吸えなくなります。

リキッドとコイルをセットしたら、必ず5分〜以上時間を置くようにします。

ここまで準備ができたら電源をONにします。
本体の電源を、素早く5回連続で押すと、電源のON / OFFに切り替えられます。

SAROME VAPE1 ボタン

素早く5回ボタンを押します!

電源がONになると、LEDが点滅します。

それでは、さっそく吸っていきましょう!

吸い方は、「ボタンを押しながら吸う」という動作です。
ボタンを押している間だけ、蒸気が作られます。本体のボタンを押しながら、蒸気を吸い込むようにしましょう。

付属リキッドの味は?!

SAROME リキッド

今回付属していたリキッド「サロメ ダブルメンソール」を、SROME VAPE-1で吸ってみます。

率直な感想ですが、、メンソール味が強い!
強めのメンソールフレーバーをしっかりと感じます。メンソール以外の雑味は一切なく、しっかりとした清涼感。

驚いたのですが、SAROME VAPE-1、思ったよりも味が出ます。
これも意外だったのですが、煙の量もまあまあ出ています。ゆっくりと吸い込めば、見た目には紙のタバコと同じくらいの蒸気が出ますね。

これまで、それなりに味が濃いと言われるMODと、クリアロマイザーのセット。ペンタイプのベイプでは味が濃いと噂される「JUSTFOG FOG1」などの機材を使ってきました。

そのせいで、SAROME VAPE-1の蒸気は、薄く感じるものかと思っていましたが、そんなことはありませんでした。
さすがに、「味が濃い」と言われる製品に比べると、やはり味は薄いです。しかし、今回のリキッドなら十分な清涼感を感じるレベル。

機材だけではなく、リキッドの味がしっかりしている(リキッドの味が濃い)というのも大きいのかもしれません。

「ダブルメンソール」に関して言えば、口の中だけでなく、喉の奥から鼻の奥の方まで、しっかりとメンソールの清涼感を感じます。
連続して吸っていると、息を吸うたびに口中がスースーと冷たく感じます。

付属ドリップチップは良し悪し?!

1点気が付いたことがあるのですが、付属のプルームテックのドリップチップ。これは、個人的には良し悪しです。

このドリップチップ、ベイプにありがちなリキッドの跳ね返り(スピッドバック)を防ぐために、内部にリキッドの跳ね返りを防ぐための「フタ」のような機構が付いています。

以下の写真を参考までに。中央部にフタがついていて、穴が一貫していないのが分かると思います。

SAROME VAPE-1 ドリップチップ

このフタがあるせいで、少しばかり煙の量と味の濃さが抑えられている気がします。
試しにべつのドリップチップに交換してみたのですが、そちらの方が少しだけ味・煙が濃かったように思います。

ちなみに、ドリップチップ部分は510という規格で統一されているので、市販品に交換が可能です。

それでも、プルームテックの代用品としてだけではなく「ベイプのリキッドを楽しむためにも使える」ということは分かりました。

ただし、今回のリキッドはかなり味を感じやすいタイプだと思います。メンソールや、フレーバーの強いフルーツ味など、SAROME VAPE-1でも味を感じやすいリキッドをチョイスするほうが、確実に楽しめると思います。

SAROMEのオリジナルリキッドは、味の出がよく評価も高いようです。
リキッドもSAROMEのシリーズで統一すると良いかもしれません。

 

たばこカプセルを吸ってみた感想

PloomTECH 5つのたばこカプセル

次に、SAROME VAPE-1の「売り」でもある、プルームテックのたばこカプセルを取り付けて吸ってみます。

たばこカプセルは、メンソール味にも合いそうな「パープルクーラー」味で試してみましょう。このフレーバーなら、香りと甘さが特徴的で分かりやすいです。

ちゃんと味が出ているのかを調べるには、ちょうど良いはず。
前回、JUSTFOG Q14で試してみて、メンソール味のリキッドとも相性が良いことは、すでに分かっています。

さっそく、たばこカプセルをドリップチップにセットしてみます。

SAROME VAPE-1 たばこカプセルSAROME VAPE-1 たばこカプセル

単純に、最上部のドリップチップ(口をつけて吸う部分)に、たばこカプセルをはめ込むだけ。

フィット感は、ややキツめでした。たばこカプセルをあまり強く押し入れると、取り出すのが大変になりそうなので、そこそこの位置で止めておくと良いと思います。

たばこカプセルを吸ってみた感想

はじめに、付属の「ダブルメンソール味」のリキッドを入れた状態で、たばこカプセルを取り付けて吸ってみます。

メンソールリキッド+たばこカプセル(パープルクーラー)

これは、、JUSTFOG Q14で試した時とほとんど同じ感覚です。ただし、今回の方がメンソールの清涼感が強い!

強めのメンソールと、パープルミントの甘酸っぱいベリー味は違和感なく交わっています。
最初からこういうリキッドが販売されているような気さえします。

たばこカプセルの、ニコチンのキック感(喉への刺激)ももちろん感じますが、そこまでキック感が増える感じはしません。

プルームテックで吸うよりも、3〜5倍くらい(個人的体感として)の煙の量が出ているわけですが、キック感はそこまで強くなるわけではないんですね。
その代わり、メンソールの刺激感のおかげか、はたまた視覚的効果のおかげなのか、「満足感」が倍増されます

そして、プルームテック本体で吸うよりも、たばこカプセルのフレーバーをしっかりと感じられる。単純に、楽しいですね。
ただ、煙の量が多いぶん、たばこカプセルの風味がすぐになくなってしまうのではという心配があります。

SAROME VAPE-1は、空気を吸った時の重さ(ドロー)が他のベイプよりも重たく、たばこを吸っている感覚に近い感じがします。
まさに、たばこカプセルを吸うにはちょうど良い製品なのかな、という気がします。

無味無臭のリキッド+たばこカプセル で試してみる

ベースリキッド

ここまでレビューしてきたので、無味無臭のリキッドに入れ替え、その上でたばこカプセルを吸って試してみたい。
ということで、、やってみました。

今回は、SAROMEのオリジナルベースリキッドではなく、私が普段プルームテック用に使っているベースリキッドを入れてみます。
やけに安いですが、使ってみて品質に問題はありませんでした。

 

ファンタジーグリセリン(VG)、プロピレングリコール(PG)ミックス品 (混合比VG70:PG30(250g))
リッチパウダー
販売価格 ¥756
(2018年3月8日 の価格)
250gも入ったお得で高品質なベースリキッド!

 

今回も、パープルクーラーで試してみます。
SAROMEにベースリキッドを入れて吸うと、プルームテックで吸った時と味は変化するのかどうか?

たばこカプセル メビウス・パープル・クーラー フォー・プルーム・テック、、私なりの感想ですが、、

 

ひとことで言うならプルームテックで吸った時と比較して(煙の)量的に倍増した感じです。

 

プルームテックの味は全くそのままで、煙の量が倍増(3倍くらい)した印象です。味は変わっていません。
吸い心地に関しても、やはり重いドローはタバコやプルームテックに近い感覚。

もしかすると、ベイプとしてよりも、プルームテックの互換品として使用する方が合っているのでは??と感じるほど。

たばこカプセルを吸うのなら、これ以上、煙が増えるとすぐに風味が無くなりそうですし、そんなに必要ありません。

このくらいの煙の量、ドローがたばこカプセルとベストマッチなのかもしれません。

とにかく満足感が欲しいという場合は、吸いこむ時間を長くゆっくりにします。
そうすると、煙の量が増えるだけでなく、はっきりとしたキック感やフレーバーを感じることができます。

さいごに

SAROME VAPE-1

長くなってしまいましたが、SAROME VAPE-1を、ベイプとして、次にプルームテック互換機として使用してみて、印象が変りました。
「意外と満足感の高い製品」というのが、私の素直な感想です。

しかし、ニコチン入りのベイプを吸っているのと、大して変わりないような気もします。

プルームテックのたばこカプセルに様々な味が付いているので、その風味に合うリキッドを選ぶ必要があります。
無味無臭のリキッドで、たばこカプセルの味を純粋に楽しむというのも、もちろん良いです。

SAROME VAPE-1

sarome vape1

おすすめの通販サイト

30日の返品・交換保証、問い合わせサポートもある「べプログショップ」がおすすめ。

3,000円以上は送料無料!

その他の通販サイト

この製品は、もともと Eleaf iCare 140のOEM製品。
少し前の製品なので、煙の量も味も、大して期待はしていませんでした。この製品と比べて味が濃く出る製品、煙の量が多い製品はたくさん発売されています。

しかし、たばこカプセルを吸うには、煙の量が多すぎても逆効果かもしれない、ということが分かりました。
SAROME VAPE-1は、ドローの重さにしても、煙の量にしても、たばこカプセルにとっては最適だと言えます。

価格だけを優先するなら、Eleaf iCare 140 と、たばこカプセル用のドリップチップを別々で購入した方が、少し安くなります。
見た目が異なっても、機能的には変りません。

SAROME VAPE-1には、リキッドも付属しているので、そこを加味すると、数百円の違いです。

SAROME VAPE-1を購入するメリットは、やはり、独特なつや消し加工で統一されたデザイン。高級感のある箱、それからオリジナルリキッドや専用ドリップチップが付属している点。

あとは、私が強く感じたのは、説明書と保証がしっかりしている点でしょうか。
プレゼントで贈る場合や、この質感やデザインが好きという方。保証期間が付いている方が安心という方は、この製品を選んだ方が満足感は高いように思います。

「べプログショップ」で購入すると、送料無料。ポイントが付与されます。初期不良時の保証もついているので安心です。

 


編集部のおすすめ プルームテックの互換品 プルームテックの互換品 プルームテックの互換品

サイトのおすすめ記事

電子タバコランキング 1

この数年で爆発的にユーザーが増えた電子タバコ。 紙のタバコの代用品として、ニコチンを含む「加熱式タバコ」も次々と新製品が ...

vapeのおすすめ 2

リキッドを蒸気(煙)に変えて吸い込む「ベイプ」。 専門用語が多く、購入前は難しそうなイメージがあったベイプですが、実際に ...

電子タバコおすすめメーカー 3

電子タバコを購入しようと思っても、製品やメーカーが多く、どの製品を選べば良いのか迷ってしまいます。 残念ながら、まだまだ ...

-プルームテック

Copyright© 電子タバコVAPEの選び方 , 2018 All Rights Reserved.