電子タバコのおすすめを一覧で紹介!あなたに合った製品は?

更新日:

電子タバコ おすすめの製品は?

最近目にすることが多くなった電子タバコ。

アイコスやプルームテックなどの「加熱式タバコ」が急速に普及していますが、今回紹介するのはニコチンの含まれていない電子タバコ

ニコチンだけでなく、タールなど、健康に有害な物質が含まれていないため、安心して吸えるのが特徴です。

コスト面でも、紙タバコよりも大幅に安く、禁煙や減煙に活用している人も多く見られます。

今回は、初心者の方でもすぐに始められる「カートリッジタイプ」から、リキッドを補充する本格的な「ベイプ」まで幅広く紹介!

 

編集部が実際に使っている、おすすめの製品をタイプ別に掲載しています。
これから電子タバコを始めようとしている方は、ぜひ参考にしてみてください!

「電子タバコ」おすすめの種類は?

電子タバコ 4つのタイプ

電子タバコを購入する前に、まず知っておきたいのが電子タバコの「種類」。
電子タバコと一言で言っても、大きさや使い方によって、いくつかの種類が存在します。

ここでは、編集部が独自に4つのタイプに分類して説明しています。

タイプ別のおすすめ製品から先に読みたいは、おすすめの電子タバコ製品を種類別に紹介!からジャンプできます。

 

電子タバコの種類を分類

電子タバコ 4つの種類のチャート図

 

それぞれの特徴を簡単に表すと、以下のようになります。

【カートリッジ式】

サイズ 紙タバコに近い
煙の量 やや少なめ
特徴 リキッドの入った「カートリッジ」を交換しながら使う

【使い捨て式】

サイズ 紙タバコに近い
煙の量 やや少なめ
特徴 使い終わったら都度捨てる、使い切りタイプ

【ペンタイプ】

サイズ 大きめのマーカーペンくらいが主流
煙の量 多い(製品・設定による)
特徴 リキッドを補充しながら使う。メンテナンスや部品交換は必要。

【MODタイプ】

サイズ 手のひらサイズが主流
煙の量 かなり多い(製品・設定による)
特徴 リキッドを補充しながら使う。メンテナンスや部品交換は必要。
細かい設定調整やカスタマイズが可能。知識が必要。

「カートリッジ式」と「使い捨て式」「ペンタイプ」と「MODタイプ」では、使い方も味の濃さも全然違います。

これらは、全く別の種類の製品と考えてもいいかもしれません。

 

「ペンタイプ」や「MODタイプ」のような、リキッドを補充して、蒸気を吸う電子タバコのことを、一般的に「ベイプ」と言います。

 

4つの種類がありますが、編集部が実際に使ってみた感想からすると、「電子タバコを使うのが初めて」という方や、「日常的に手軽に使いたい」という方は、「カートリッジ式」、または「使い捨て式」の電子タバコを選ぶことをおすすめします。

カートリッジ式、使い捨て式

「カートリッジ式」「使い捨て式」は、味の濃さ、煙の多さはやや少なめ。選べる味の種類も少なくなります。

しかし、「ペンタイプ」や「MODタイプ」の電子タバコのように、サイズが大きすぎて目立つことはありません。
煙の量も多過ぎないので、日常的に使用するにはちょうど良いのです。

ペンタイプ、MODタイプ

 

「ペンタイプ」や「MODタイプ」のベイプを喫煙所で吸っていたら、注目されそう。。

 

ペンタイプやMODタイプの「ベイプ」は、味の濃さを自分好みに調整したり、濃い煙を作り出す楽しみがあります。
製品や部品もたくさん販売されており、カスタマイズを楽しみたい人にはうってつけ。

その反面、リキッドの補充やメンテナンス、定期的な部品交換などの手間がかかります。
扱いには、基本的な知識も必要。

「カートリッジ式」「使い捨て式」は、一般の方がイメージする「電子タバコ」に一番近いタイプかもしれません。
もちろん、初めて使う方でも、専門知識や難しいメンテナンスは不要。

 

ここから、4つのタイプについてもう少し詳しく説明していきます。
電子タバコを購入する前に、自分に合った「種類」はどれなのか決めておくと、選びやすいと思います。

おすすめの電子タバコから先に読みたい方は、おすすめの電子タバコ製品を種類別に紹介!からジャンプできます!

カートリッジ式電子タバコ

カートリッジ式電子タバコ

「カートリッジ式」は、バッテリー部分が充電でき、使い回しが可能。
めんどうなリキッドの補充やメンテナンス、部品交換の必要もありません。

初めて電子タバコを使うという方でも簡単に使用できます。

カートリッジ式電子タバコの使い回し、カートリッジ交換

中には、JTの「プルームテック」と互換性がある製品もあります。

プルームテック専用の「カートリッジ」と「たばこカプセル」が、そのまま取り付け可能。

カートリッジ式電子タバコでプルームテックのカートリッジがそのまま使える

味の濃さや煙(蒸気)の量は、カートリッジの種類に多少は左右されます。

味は、ほのかに香る程度 で、ペンタイプやMODタイプの「ベイプ」と比べると、正直なところ薄味な印象です。

「煙を吸った感じ」「満足感」が欲しい方は、メンソール系の味が、刺激を感じやすくておすすめ。

このタイプの特徴として、見た目のサイズ感は、紙タバコや「プルームテック」にとても近く、外で吸っていても違和感がありません。

 

「ペンタイプ」や「MODタイプ」よりも味の濃さや煙の量は劣りますが、普段使う分には違和感がなく、禁煙や減煙にも役立ちます。

値段も、1,000円〜 2,000円 くらいから購入でき、とてもリーズナブル。
環境やコスト、使いやすさのことを考えると、編集部としては、「カートリッジ式」はおすすめ。

 

使い捨て式

使い捨て式電子タバコ

使い捨て式は、バッテリー部分も含め、一度使い終わったらそのまま破棄します。

煙(蒸気)の量や味、本体のサイズ感は、「カートリッジ式」とほとんど同じ。

使い捨て式のメリットは、とにかく手軽に使えるということです。
電子タバコがどんな物か試してみたいという方は、とりあえず使い捨て式を試してみると良いかもしれません。

ただし、1本使うたびに使い捨てるため、環境面やコストのことを考えると「カートリッジ式」の方がおすすめです。

 

ペンタイプ

ペンタイプの電子タバコ

リキッドを補充する「ベイプ」の中でも、サイズが小さく手軽に使えるのが「ペンタイプ」の電子タバコ。

ほとんどの製品が、難しい設定は不要。深い知識は必要としません。

ベイプ専用の豊富な種類のリキッドや、煙の量、味が手軽に味わえます。価格もMODタイプよりは安価。
製品によっては、MODタイプと同じかそれ以上、リキッドの味・濃い煙が出ます。

 

最低限の知識とメンテナンス、部品交換だけで使えるのが、ペンタイプの魅力。

編集部としては、「ペンタイプ」でも充分に満足できており「MODタイプ」よりも、日常的に活用しているほど。

「ベイプを始めたいけど、メンテナンスが難しそう」
「本格的なベイプを味わってみたい」
という方は、ペンタイプから始めてみると良いと思います。

 

MODタイプ

MODタイプの電子タバコ

多少の知識や経験が必要となりますが、カスタマイズ性に優れ、煙の量や味の濃さなど自分好みに調整できるのが「MODタイプ」

サイズが大きく、煙(蒸気)の量も多いことから、紙のタバコの代わりに外出先や喫煙所で吸っていると、少し目立ってしまうかもしれません。

 

時間をかけて、煙の味をしっかり味わいたいという方には、本当におすすめ。

 

このタイプは、「バッテリー部分」と「アトマイザー部分」で分かれているのが一般的。

アトマイザー部分は、リキッドを蒸気に変える「気化装置」のようなもの。
このアトマイザーの性能によって、味の出方や、煙の量・質が大きく変わります。

アトマイザーは、用途や性能によって買い足したり、付け替えることができます。

MODタイプの電子タバコの仕組み

こまめなメンテナンスや部品交換も必要で、思い通りの味を追求しようとすると、ある程度の知識や経験を必要とします。

機材やパーツは多種多様。追求し始めるとキリがありません。
他の種類の電子タバコと比べても費用が高く、凝り始めると「趣味の世界」へどっぷりハマってしまいます(それくらい楽しく、奥深い世界)。

一度「美味しいリキッド」を味わってしまうと、この魅力に取り憑かれてしまいます。

ベイプ本来の楽しみを追求したいという方は、あえて始めからMODタイプを選んでみても良いかもしれません。

 

ここまで、電子タバコの種類をタイプ別に紹介してきました。自分に合った電子タバコの種類は見つかりましたか?

 

手軽に使うならカートリッジタイプ。周りの目を気にせず、味の濃さや煙の量を追求していきたいのなら、ペンタイプから始めるのもおすすめです!

 

それでは、ここからはタイプ別に、おすすめの電子タバコ製品を紹介していきます!

 

おすすめの電子タバコ製品はこれ!

たくさんの電子タバコ

ここでは、主に編集部が購入・使用してみた電子タバコを中心に、おすすめの製品を紹介していきます。
編集部の独断が多少入っていますが、新しい製品を試したら随時更新しています。

※現在の情報は、2018年5月時点での情報を元に掲載しています。

「カートリッジ式電子タバコ」のおすすめ製品3選

使い捨てタイプと比べ、環境面、ランニングコストでもメリットのあるカートリッジタイプ。

見た目もスマートで、ビジネスシーンでも違和感がありません。

【おすすめ1】C-Tec Duo

C-Tec Duo
この製品がおすすめな人

  • プルームテックと併用したい
  • 外出中や喫煙所で使うことが多い
  • 禁煙や減煙に活用したい

購入サイトはこちら

C-Tec Duoの正規取扱店
公式サイトがおすすめ!

公式サイトへ

C-Tec Duoの特徴

この製品の大きな特徴は、プルームテックのカートリッジ・たばこカプセルがそのまま使えてしまうということ。

ニコチンレスのカートリッジも、プルームテックもこれ1台で使えてしまう、お得な製品です!

カートリッジの種類は7種類発売されており、購入時は2種類の異なるカートリッジが付属します。

この製品を実際に使ってみた感想は、「C-Tec Duoを使ってみた感想」記事で詳しく紹介しています。

 

【おすすめ2】VITAFUL(充電式)

ビタフル カートリッジ式
この製品がおすすめな人

  • 日本製の製品を使いたい
  • 見た目のデザインや質感にもこだわりたい
  • 外出中や喫煙所で使うことが多い

購入サイトはこちら

VITAFULの正規取扱店
公式サイトがおすすめ!

公式サイトへ

VITAFUL(充電式)の特徴

16種類の健康成分が含まれ、しかも「日本製」のこの製品。

安全性だけでなく、編集部がこれまで試してきたカートリッジ式電子タバコの中では、最もデザイン・質感がしっかりしていた印象。
価格面も優れており、日常的に使う電子タバコとしては、最もおすすめな製品と言えます。

この製品を実際に使ってみた感想は、「ビタフル(VITAFUL)充電式タイプを使った感想」記事で詳しく紹介しています。

 

【おすすめ3 フレンバー CLOUD17】

フレンバーCloud17
この製品がおすすめな人

  • カートリッジ式でも、味や煙の量にこだわりたい
  • 長時間吸うことが多い
  • 紙のタバコの代わりとして、禁煙のためにフル活用したい

購入サイトはこちら

お得な割引も
公式サイトが安心

公式サイトへ

フレンバーCLOUD17 の特徴

「カートリッジ式でも、煙の量や味はしっかり味わいたい!」という方に是非おすすめしたいのがこの製品。

バッテリー容量が大きく、一般的なカートリッジ式電子タバコと比べて、味も煙もしっかり出ます。
もちろん、バッテリーが大きい分、長時間吸えるというメリットも。

写真で見ると大きく感じますが、手の中にぴったり収まるサイズ感と、スッキリしたデザインは目立ちすぎる感じがしません。

この製品を実際に使ってみた感想は、「フレンバーCloud17の感想!」記事で詳しく紹介しています。

 

「使い捨て式電子タバコ」のおすすめ製品2選

手軽に使えるのが最大のメリットと言える、使い捨てタイプ。

減煙や、口寂しさを紛らわせたい。電子タバコを試してみたいという方におすすめ!

【おすすめ1 VITAFUL(使い捨てタイプ)】

ビタフル

この製品がおすすめな人

  • デザインや見た目にもこだわりたい
  • 日本製の製品が使いたい
  • いろんな味から自分の好みを選びたい

購入サイトはこちら

お得なクーポンも!
購入は公式サイトがおすすめ

公式サイトへ

VITAFUL(使い捨て)の特徴

カラフルな見た目と、健康成分が含まれていることで話題の製品。
特筆すべきは、やはりデザインと質感。「使い捨て式電子タバコ」というと、安っぽいイメージがありますが、見た目の質感はとても高い製品です。

味の種類も12種類と多めで、季節に応じた限定フレーバーなども販売されています
日本国内で製造されており、成分検査の結果を公開。信頼性にも好感が持てます。

この製品を実際に使ってみた感想は、「ビタフルを使ってみた感想!」記事で詳しく紹介しています。

 

【おすすめ2 VAPESTEEZ】

vapesteez

この製品がおすすめな人

  • たばこに近い味で禁煙に役立てたい
  • 見た目のデザインにこだわりたい
  • 電子タバコで禁煙・減煙したい

購入サイトはこちら

VAPESTEEZの特徴

男性が喜びそうな、葉巻のような見た目が特徴の使い捨てタバコ。
見た目だけでなく、12種類の味から選べて、紙タバコや葉巻の味を再現した味も発売されています。

禁煙・減煙目的のユーザーには嬉しい製品。「口寂しさ」を紛らわすためにはちょうど良さそうです。

 

「ペンタイプ」のおすすめ製品3選

MODタイプほどの高機能さは不要でも、リキッドの味、ベイプの楽しさをしっかり味わいたいのなら、「ペンタイプ」がおすすめです。

ベイプが初めての方なら、「味の濃さ」や「煙の量」に驚くはず!

【おすすめ1】JUSTFOG FOG1

JUSTFOG FOG1

この製品がおすすめな人

  • ペンタイプでも、本格的な味の濃さにこだわりたい
  • なるべく「簡単な操作」のベイプが欲しい
  • クリーニングしやすい製品が選びたい

購入サイトはこちら

サポート・保証が充実!
ベプログショップがおすすめ

ペプログショップへ

JUSTFOOG FOG1の特徴

個人的にも、最近最も出番が多いのが、このJUSTFOG FOG1。
「味」がしっかり出ることで有名な製品で、初心者からこだわり派の「サブ機」としても、十分に使えます。

手のひらに収まるコンパクトなサイズですが、タンク部分が分解でき、クリーニングしやすく操作も簡単。

高価な製品を持っていなくても、十分にベイプの楽しさを味わえます

初めてベイプを購入される方で、「とにかく味がしっかり出るものが欲しい」という方に、最もおすすめしたい製品。

この製品を実際に使ってみた感想は、レビュー記事「JUSTFOG FOG1 レビュー」で詳しく紹介しています。

 

【おすすめ2】Aspire PockeX AIO

pockex aio
この製品がおすすめな人

  • 「味」「煙の量」も、両方こだわりたい
  • なるべく小さいサイズの製品が使いたい
  • ペンタイプでも、デザインにこだわりたい

購入サイトはこちら

サポート・保証が充実!
ベプログショップがおすすめ

ベプログショップへ

PockeX AIOの特徴

ベイプユーザーの間では信頼が高く、実績の高いAspire社の製品。
上述のJUSTFOG FOG1と同じくらい、味の出方はしっかりしています。

空気の流入量を調整する、エアフローなどの細かい調整機能がなく、そうした点は JUSTFOG FOG1に劣ります。
しかし、それを補って上まるデザイン性や質感。人気の理由が分かります。

同価格帯・ペンタイプの中では「優秀な製品」として評価の高いベイプです。
これからベイプを始める方も、外出用のサブ機としてもおすすめできる製品です。

 

【おすすめ3】Joyetech eGo AIO

eGo AIO
この製品がおすすめな人

  • 紙のタバコの代わりにベイプを始めたい
  • 煙の量は多すぎないほうがいい
  • なるべく安い製品がいい

購入サイトはこちら

サポート・保証が充実!
ベプログショップがおすすめ

ベプログショップへ

eGo AIOの特徴

他のペンタイプの製品よりも、以前に発売された商品です。
そのため、味の濃さなどを比較するとやや落ちますが、噛みタバコに近い吸い心地は、今でも根強い人気の製品です。

前の製品というだけあって、価格もだいぶ安くなっています。
世界的なベストセラー商品で、ペンタイプの製品の中では定番とも言えるモデル

必要最低限の機能、安価な価格は、紙タバコの代用品としてもおすすめ。

この製品を実際に使ってみた感想は、レビュー記事「eGo AIO のレビューと使い方」で詳しく紹介しています。

 

ここまで、「ペンタイプ」のベイプのおすすめ製品を紹介してきました。
以下の記事では、他にもおすすめの製品を紹介していますので、合わせてチェックしてみてください!

「MODタイプ」のおすすめ製品3選

カスタマイズを楽しんだり、ベイプ本来の「味」や「煙の濃さ」を追求していきたいのなら、MODタイプがおすすめ。

今回は、MODタイプを初めて購入する方のために、初心者の方に定評がある3つの製品を紹介。

【おすすめ1】Atlantis Evo & NX75 TC Mod kit

Atlantis Evo & NX75 TC Mod kit
この製品がおすすめな人

  • デザイン質感にもこだわりたい
  • 高機能なベイプMODが欲しい
  • 後々も、長く使えるMODが欲しい

購入サイトはこちら

サポート・保証が充実!
ベプログショップがおすすめ

ベプログショップへ

Atlantis Evo & NX75 TC Mod kitの特徴

技術的な評価が高く、ファンが多いAspire社から発売されているこのモデル。

シャープながらずっしりとした、重厚感のある見た目は、実際に手にすると高い満足感が得られます。
同価格帯のMODの中では質感が非常に高く、品質の高さを感じる製品です。

煙の量が多く、滑らかな味の出るアトマイザーがセットされており、始めてMODタイプを購入する方にもおすすめしたい、高機能なMODキットです。
徐々にアトマイザーを買い足していくことで、自分好みの味を探しながら、長く楽しめる製品。

 

【おすすめ2】Eleaf iStick Pico3

iStick Pico 75W × MELO3Mini
この製品がおすすめな人

  • ベイプMODは信頼性で選びたい
  • 小型でも、高機能な製品が欲しい
  • 「煙の量」も、「味」も両立した製品が欲しい

購入サイトはこちら

サポート・保証が充実!
ベプログショップがおすすめ

ベプログショップへ

Eleaf iStick Pico3の特徴

新しいモデルが発売された今でも、多くのユーザーが買い求める世界的なロングセラーモデル。
Eleaf 社の信頼性の高さや、多くのユーザーの評価があるだけに、安心して購入できるモデルです。

高機能な iStick Pico(75W) と、味も煙もほどよく楽しめるアトマイザー、MELO3 Miniのキットは、編集者も個人的に初めて購入したキット。
「自分好みの味」を探しつつ、アトマイザーを買い足しながら楽しむことをおすすめします。

※購入する際は、適合したバッテリー(18650)が付属するかチェックしておきましょう。

 

【おすすめ3】KangerTech TOPBOX Mini

TOPBOX mini
この製品がおすすめな人

  • 多少難しくても、中〜上級者向けの製品を使ってみたい
  • 自分でコイルを作る、「ビルド」にも挑戦したい
  • これから、本格的にベイプを始めたい

購入サイトはこちら

サポート・保証が充実!
ベプログショップがおすすめ

ベプログショップへ

KangerTech TOPBOX Miniの特徴

デザイン性が高く、北米やヨーロッパで人気のメーカー KanterTechの製品。

TOPBOX Miniは、完成コイル(リキッドを加熱して蒸気へ変えるパーツ:消耗品)を購入して使えるのはもちろん、RBA(自分でコイルを自作する)にも挑戦できるキットが同梱された、珍しい製品。

やや中級者向けの製品と言えますが、初めから本格的なベイプやRBAに挑戦するつもりの方は、この製品から始めてみても良いかもしれません。

 

ここまで、おすすめの電子タバコ製品を紹介してきました。
以下の記事ではさらにおすすめの製品を紹介していますので、合わせてチェックしてみてください!

おすすめの電子タバコ まとめ

今回の記事では、電子タバコの「種類」の選び方から、編集部おすすめの製品を紹介してきました。

おさらいすると、電子タバコを初めて使う方や、外出中や喫煙所でも使いたいという方には、「カートリッジ式」「使い捨て式」がおすすめ。

このタイプは、外見も紙タバコにとてもよく似ており、煙の量も多すぎず、人前で吸っていても違和感を感じません。

 

リキッドの味や煙の量をしっかりと感じたいという方は、「ペンタイプ」「MODタイプ」の「ベイプ」がおすすめ。

ただし、見た目が少々目立ってしまい、煙の量も多いため、ビジネスシーンなどには向いていません。
また、メンテナンスや部品交換など、ある程度の知識を必要とします。

 

どちらもそれぞれにメリット・デメリットがあり、用途に合ったものを選ぶのがコツです。

編集部的には、両方を使いこなすのもおすすめ!
自宅ではベイプの「味」を楽しみ、外出中はカートリッジタイプを使い分けるという方法です。

自宅用、外出用ので電子タバコを分ける

どの製品も、それぞれ使い方や楽しみ方が全く異なります。
両方使い分けることで、最も利にかなった使い方ができそうです。


サイトのおすすめ記事

電子タバコランキング 1

この数年で爆発的にユーザーが増えた電子タバコ。 紙のタバコの代用品として、ニコチンを含む「加熱式タバコ」も次々と新製品が ...

vapeのおすすめ 2

リキッドを蒸気(煙)に変えて吸い込む「ベイプ」。 専門用語が多く、購入前は難しそうなイメージがあったベイプですが、実際に ...

電子タバコおすすめメーカー 3

電子タバコを購入しようと思っても、製品やメーカーが多く、どの製品を選べば良いのか迷ってしまいます。 残念ながら、まだまだ ...

-電子タバコ
-,

Copyright© 電子タバコVAPEの選び方 , 2018 All Rights Reserved.