JTの電子タバコ「Ploom TECH」の評価は?

更新日:

タバコの健康被害や臭いの問題など、オリンピックイヤーに向け「嫌煙ブーム」が一段と増してきた今日この頃。

 

喫煙者にとっては肩身の狭い世の中になってきましたよね。

 

そんな中発売されたJTの電子タバコ、PloomTECH(プルームテック)。

先陣を切ったアイコス(IQOS)と同様、人気が非常に高く、2018年1月現在でも売り切れが続出しています。

それではこのプルームテック、実際に購入した人達の間では、どの程度評価されているのでしょうか??

また、ライバル製品のアイコスや、最近発売され話題のグロー(glo)と比べて、どちらが人気なのでしょうか?

プルームテックを実際に使用してみた筆者の感想も混ぜつつ、詳しく紹介していきます。

他の電子タバコと比べて、JTの電子タバコの評価は?

プルーム・テック(Ploom TECH)

写真は、私が購入したプルームテック。

はじめに、プルームテックのこと、電子タバコのことさえもよく分からないという方もいらっしゃいますよね?

そんな方のために、プルームテックは電子タバコの中でどのような位置にあるのか?という基本的なことについて、簡単に説明しておきたいと思います。

電子タバコってどんななの?

実は、電子タバコと言っても種類は色々あるんです。

そして、実はプルームテックは電子タバコではありません!

どういうことかと言うと、プルームテックはたばこの葉を加熱して吸引するため、一般的に販売されている「紙のたばこ」と同じという認識なんですね。

プルーム・テックは、たばこ葉が詰まった専用のたばこカプセルのみに使用できるたばこ用具であり、電子たばこ製品ではありません。また、専用のたばこカプセルもパイプたばこに区分されるものであり、電子たばこ製品ではありません。

参照:JT Ploom TECHブランドサイト

では、一般的に「電子タバコ」ってどんな商品のことを言っているの?と気になりますよね。。

実際のところ、日本国内ではプルームテックも、アイコスもグローも、「電子タバコ」と呼んでいる人がほとんどです。

このサイトでも、紛らわしいので「電子タバコ」というくくりで説明しています。

 

ただし、本来はプルームテック、アイコス、グローなどの「たばこ葉」を加熱する商品は、「加熱式タバコ」のカテゴリーに入るようです。

 

そして、「電子タバコ」というのは本来、リキッドと呼ばれる香り付けされた液体を熱して蒸気を吸引するタイプの電子たばこを指します

 

この場合の電子タバコは、国内で販売されるプルームテックなどの製品と比べると、吐き出した時の煙(蒸気)の量が多い場合が多く、リキッドは風味を楽しむ物。

国内ではリキッドにニコチンが入っておらず、紙のタバコを吸っていた愛煙家は、やはりプルームテックやアイコスなどのニコチン入りの加熱式タバコを買い求めます。

一部のユーザーは国外からニコチンの含まれたリキッドを個人輸入して購入していますが、どちらかと言うとマイナーな方法です。

プルームテックとアイコス、どちらが人気なの?

今回の記事では、ニコチンの含まれていない「電子タバコ」ではなく、ニコチン入りの「加熱式タバコ」のライバル製品と比較したプルームテックの評価について紹介していきます。

アイコスとグロー

上の写真は、左からアイコス、グロー、プルームテックです。

見ての通り、3つの製品は形がまるで異なります。そして、形だけではなく使用方法もまるで違います。

 

アイコスとグローは、だいたい使用方法が似通っており、仕組みも大まかには同じです。

 

この2つの製品は、タバコスティックと呼ばれる、紙のタバコに良く似たスティックを本体に差し込み、加熱して発生した蒸気を吸い込みます。

アイコスのスティック部分

それに比べると、プルームテックはまるで異端児!

たばこカプセルと名付けられた、たばこ葉を詰め込んだカプセルを装着して吸う、新しいスタイルです。

プルームテック_取り付け図

そのため、こんなに形状がスリムなんですね。

このカプセルは、あくまでたばこ葉しか入っていないので、カートリッジと呼ばれる部分に蒸気を作り出すためのリキッド(液体)が入っています。

 

それで、アイコスとプルームテック、どちらの方が評価が高いの?

 

という問題ですが、シェア自体を見てみると、現状では圧倒的にアイコスが優勢。
次いでグロー、最後がプルームテック となっています。

先頭を走るのは、2016年4月に全国展開を始めたアイコス。市場を加熱式たばこに置き換えるべく、紙巻きたばこに近い味と形状を実現した。端末の販売台数は300万を突破し、今年4月には国内たばこ市場の10%を占める(販売数量ベース)までに成長した。

参照:東洋経済ONLINE

先行者のアイコスは、2017年時点の記事で、国内たばこ市場の10%を占めるシェアというから驚きですね。

プルームテックのシェアがこんなに遅れてしまった理由として、加熱式タバコ市場に大きく出遅れてしまった、JTの販売スピードも大きく影響しています。

 

欲しくても、販売している場所が限られる。

これが、今のプルームテックの現実です。

2018年の状況を見ていると、やっとプルームテックの在庫が徐々に増えてきており、地域は限られますがコンビニでの販売も徐々に解禁されてきています。

このペースで販路が拡大していけば、2018年以降、プルームテックのシェアが一気に伸びることは間違いありません。

プルームテックの最新の販売状況について、詳しくは以下の記事をご覧ください。

プルームテック(Ploom TECH)
プルームテックを確実に購入する方法!【最新情報まとめ】

プルームテックのスターターキットや「たばこカプセル」が購入できるのは、(1)Ploomショップ、(2)たばこ販売店、(3 ...

続きを見る

プルーム・テック_スターターキット
プルームテックはコンビニで買える?【全国発売開始!】

とうとう、全国のコンビニでプルームテックが発売されることが決定! 2018年 5月1日付けの JT プレスリリースにて、 ...

続きを見る

では、シェア自体は販売が限られるせいで伸び悩んでいるとして、製品自体の評価はどうなの??

 

使用者の評価については、今のところ完全に使用者の好みや用途によって別れているように見えます。

大まかに見て、概ね良い評価が多いのですが、満足感については酷評している方も多いように見えます。

 

ちなみに、現在「グロー」は発売されたばかりで、仕組みはアイコスと似通っています。

2つの製品は根本的に似た部分が多く、さらに今の状況を見ていると、アイコスとプルームテックの2者に人気が集中しています。

 

そのため、今回の記事では、アイコスとプルームテックを比較した評価を中心に紹介していきますね。

それでは、始めに良くない評価から説明紹介いきます!

プルームテックの、評価が低かった人の感想は?

では、はじめに良くなかった評価と、その理由を挙げていきましょう。

単刀直入に、プルームテックの評価で最も良く聞くのが、「物足りない」「満足できない」という声。

満足感が低い!

紙のタバコを吸っていた方なら、この気持ち、すぐに分かるはず。

実は、私もプルームテックを吸い始めてしばらくの間は、紙のタバコと比べて「物足りない」という感覚を捨て切れませんでした。

「プルームテックを吸ってもスカスカな感じがする」という表現をどこかで聞きましたが、うんうん、確かにそんな感じ、、

 

「これ、ニコチン入ってるよね?」

 

ひと口目はそんな疑問が頭をよぎったほど。

タールの重いタバコを吸っていた方の場合、せっかくプルームテックを購入したのに、満足できない時のために紙のタバコも持ち歩くという話も良く聞きます。

ただ、しばらくプルームテックを吸っていると、少し薄い感じにもすぐに慣れてしまいます。

ニコチンはちゃんと入っていますので、そういう意味での満足感はちゃんと得られます。

 

プルームテックのたばこカプセル(フレーバー)は5つの風味が販売されています。

5つのフレーバーをそれぞれを試した詳しい感想も、以下の記事で紹介していますので、ぜひご覧ください!

プルームテック
Ploom TECH(プルームテック)のレビューと感想

2018年に入り、一段と販売ルートが拡大したプルームテック(Ploom TECH)。 まだ加熱式電子タバコを使用したこと ...

続きを見る

タバコの味がしない!

「満足感が少ない」という評価と似ていますが、これも良く聞く評価です。

満足感やニコチンの刺激がないという訳ではなく、「味が美味しくない」「タバコらしい味がしない」ということです。

特に、紙のタバコをイメージしたはずの、「レギュラー」ですが、紙のタバコからは程遠い印象。

しかも、何か「甘い味」がするのがとても慣れません。とにかくタバコらしくないし、風味がないのです。

たばこカプセル メビウス・レギュラー フォー・プルーム・テック

ただし、これも好き嫌いがあると思います。
使用者の感想を見てみると、これが良いという人ももちろん居ます。

タバコらしい風味がしないおかげで、タバコの臭いもほとんどしないのです。

もし、タバコらしい風味を味わいたい。もっと満足感が欲しいというあなたは、アイコスの方がおすすめです。

こちらは、まさにタバコらしいフレーバーをしっかり味わえます。

 

この他にも、良くない評価として

  • コストがかかる
  • バッテリーの持ちが悪い
  • 購入場所が少ない

などがありますが、これらはいずれも他の加熱式タバコも同じこと。

 

まず、コストに関しては、紙のタバコと比較すると、確かに初期費用(本体購入)がかかります。

ただし、プルームテックはアイコスやグローと比べて最も安く、メンテナンスの費用も掛かりません。

ランニングコストについては、むしろ紙のタバコより少し長く持つくらいなので、紙のタバコとあまり変わらないレベルです。

バッテリーの持ちに関しても、実際に使ってみると、他社製品に優っているように思いました。

購入場所については、2018年の展開に期待したいところ。

 

となると、やはりネックは味と満足感。

この点が改善されれば、もっと評価が向上されそうなのですが、、

プルームテックの良い評価は?

では次に、プルームテックの良い評価を紹介していきます!

特にプルームテックを「よいしょ!」するつもりはないのですが、実際にSNSやTwitterなどを見てみても、概ね好意的な評価が多いです。

それに、実際に使ってみると「こりゃ便利だ!!」と思うことが多いのも事実。

では、どんな点が良い評価として支持されているのでしょうか??紹介していきますね。

操作が簡単!メンテンス不要!

アイコスからの乗り換えユーザーに多いのがこの意見。

分かります。

私もアイコスを使ってみたので分かるのですが、スティックを差し込み、加熱して蒸気を作り出すアイコスやグローは、意外と手順が面倒。

特にスティックを加熱するための待ち時間が意外と長く、短い休憩時間の一服では、時間が勿体無く思えます

それに比べると、プルームテックの使い方は非常にシンプル。

 

たばこカプセルを取り付け、そのまま吸うだけなので、本当に手間が掛かりません。

 

そして、さらに便利なのがメンテナンスが不要だということ。

アイコスやグローのように、クリーニングをする必要もありません。

 

プルームテックの使い方について、詳しくはこちらの記事で紹介しています。

プルーム・テック(Ploom TECH)
プルームテックの使い方を徹底解説!2分で分かる簡単動画も

プルームテック(Ploom TECH)は、これまで紙のタバコに慣れ親しんできた方でも簡単に使える製品です。 電子タバコを ...

続きを見る

今度こそ、本当に匂わない!

紙のタバコから加熱式タバコに乗り換えようとしている方の理由として多いのが、やはり「匂いが気になる」ですよね?

しかし、アイコスに変えてみたけれど、やっぱり臭う!

っていう人も居ませんでしたか?

アイコスの場合、タバコの葉をスティック状にした物を、かなりの高温で熱します。

紙のタバコと比べると匂わないと言われていますが、結局のところ、タバコ葉の独特の癖のある匂いがします。

プルームテックはどうなのかと言うと、実際に使ってみると、アイコスと比べてるとかなり匂いが削減されています!

私や、私の周りに居る人に聞いてみても、アイコスだと吸った後の残り香や口臭に気が付くけど、プルームテックの場合はほとんど気が付かない、とのこと。

実際にしばらく吸ってみて試してみましたが、匂いに関しては、加熱式タバコの中では最も匂わないレベルだと思います。

プルームテックの匂いについて、詳しくは、こちらの記事で解説しています。

プルームテック
Ploom TECH(プルームテック)のレビューと感想

2018年に入り、一段と販売ルートが拡大したプルームテック(Ploom TECH)。 まだ加熱式電子タバコを使用したこと ...

続きを見る

この他にも、プルームテックには良い評価が沢山あります。

  • 途中でやめて吸い直せる
  • 連続して使用できる
  • 煙が少ない
  • 細くて収納しやすい

これも、他の加熱式タバコとは異なる便利な点なのですが、紙のタバコに似た「スティック」を使用する訳ではないので、「1本」という考え方がありません。

プルームテックのたばこカプセル1個で、紙のタバコにして、約5本分吸うことができます。

たばこカプセルを吸える回数

そのため、吸い続けようと思えば、連続して長い時間吸い続けることができます。

また、アイコスやグローにはない決定的なメリットとして、途中で喫煙をやめて、そのままの状態で後から吸い直すことができるというのは本当に便利!

これも、たばこカプセルという新しい方法だからできることですね。

プルームテックの評価は概ね良好!

ここまで、プルームテックの評価について大まかに紹介してきました。

良い評価と悪い評価に分けて説明しましたが、おおむね良い評価を持って迎えられているプルームテック。

アイコスやグローとは全く異なるタイプの製品なので、実際に使ってみて自分に合った方を選ぶと良いと思います。

便利さや匂いよりも、タバコらしい味を求めるのならアイコス。

匂いが少ない方が良い、軽い味でも十分に満足という方なら、プルームテックはおすすめです!

とにかく操作が明快で本体が安く抑えられたプルームテック。

これからすごく流行りそうな予感がします。

プルームテック(Ploom TECH)
プルームテックを確実に購入する方法!【最新情報まとめ】

プルームテックのスターターキットや「たばこカプセル」が購入できるのは、(1)Ploomショップ、(2)たばこ販売店、(3 ...

続きを見る

 


編集部のおすすめ プルームテックの互換品 プルームテックの互換品 プルームテックの互換品

サイトのおすすめ記事

電子タバコランキング 1

この数年で爆発的にユーザーが増えた電子タバコ。 紙のタバコの代用品として、ニコチンを含む「加熱式タバコ」も次々と新製品が ...

vapeのおすすめ 2

リキッドを蒸気(煙)に変えて吸い込む「ベイプ」。 専門用語が多く、購入前は難しそうなイメージがあったベイプですが、実際に ...

電子タバコおすすめメーカー 3

電子タバコを購入しようと思っても、製品やメーカーが多く、どの製品を選べば良いのか迷ってしまいます。 残念ながら、まだまだ ...

-プルームテック

Copyright© 電子タバコVAPEの選び方 , 2018 All Rights Reserved.