ペン型のVAPEでおすすめは?爆煙・味重視の最新人気モデルはこれ!

更新日:

ペン型でおすすめのベイプはどれ?

入門機というイメージが強い、ペン型のベイプ。

しかし、最近では充分に「煙の量」も「味」もしっかり出るペン型のベイプが多く販売されています。

編集者も、大きめサイズの「ボックスMOD」と呼ばれるサイズのベイプ。
コイルを自作する「RBA」などのベイプを購入してきましたが、普段はなにかと取り回しの良いペン型を使っています。

ペンタイプ、MODタイプ

ペン型(ペンタイプ)というのは、ペンのように縦長で、サイズの小さめなベイプ。

最近では、アトマイザーとバッテリーが一体になった、一体型タイプが主流です。

アトマイザーの交換はできませんが、そもそもアトマイザーを交換する必要がないくらい、味も煙もしっかり出るのが最近のペン型の特徴。

ペンタイプの種類

今回の記事では、編集部が実際に購入したペン型のベイプの中から、人気のおすすめモデルを紹介しています。

ベイプの購入は初めてで、専門的なことはよく分からないという方も、ぜひ参考にしてみてください!

ペン型で人気のモデルを厳選!

ペン型のベイプ

数年前まで、ペン型のベイプと言えば、煙の量も味の濃さもイマイチというイメージでした。

しかし、最近ではペン型でも充分過ぎるほど「味」も「煙」も出る製品がたくさん販売されています。

製品によっては「RBAやボックスMODタイプよりも味が出る!」と、びっくりするような物も。

ベイパーさんのブログやYouTubeを見ていても、同じような意見を述べている方が多く、手軽に使えて味の濃いペン型に人気が集まっています。

 

ベイプは、使用する人の好みによって、「味」を重視する人と、「煙の量(爆煙)」を重視するユーザーに分かれます。

そもそも編集者は、「味重視」でベイプを選んでいます。
実際に使ってみて感じるのは、味重視のベイプでも、充分に煙の量が出るペン型が発売されているということ。

今回の記事では、「味重視」と「爆煙タイプ」それぞれに分けて紹介しています。

味重視のペン型

味重視のペン型ベイプ

さっそく、味重視で人気のペン型を紹介していきます。

レビューブログや、販売サイトなどで評判の製品を中心に、実際の製品を試してみた結果を元に厳選紹介!

JUSTFOG FOG1

JUSTFOG FOG1

やはり、この製品になってしまいます。

いろんなブログでも紹介されていますが、JUSTFOG FOG1は、鉄板製品です。

フルーツ系、クリーム系、メンソール系、タバコ味、、など、どの味を試しても、唸るほどしっかり濃い味が出ます。

正直に言って、このペン型を使い始めてから、ボックスMODやRBAを使用する頻度が一気に減りました。

後ほど「爆煙重視」でも紹介している通り、この製品は煙の量も期待以上。

専用のコイルが2種類販売されていますが、味を重視するか、煙の量を重視するかで、コイルを付け替えることができます。

大げさに言うつもりはありませんが、お気に入りのリキッドに合わせて、JUSTFOG FOG1を数本持っているのが最も理にかなっているのでは?と、本気で悩んでしまうほど。

それほど、手放しでおすすめできるペン型です。

JUSTFOG FOG1

味の濃さ ★★★★★
煙の量 ★★★★☆
ドロー
(煙を吸った時の感覚)
DL(直接肺に吸い込む吸い方)、MTL(一度口に溜めてから肺に入れる吸い方)
両方の吸い方が可能。

エアフローの調整が可能。
タンク容量 ポリカーボネート(プラスチック)製
容量:1.99ml
バッテリー容量 1,500mAh
ドリップチップ 510規格

通販サイトで価格をチェック

 

JUSTFOG FOG1の詳細や、使い方、詳しくボックスMODと味を比較したレビューなど、以下の記事で詳しく紹介しています。

 

Aspire PocxeX AIO

Aspire Pockex AIO

Aspire PockeX AIOは、ベイパーの間では評価の高い、Aspire社の製品。

JUSTFOG FOG1とほとんど同じ(もしくはほんの少し薄い)程度の味の濃さ。サイズ感もほとんど同じくらいです。

編集者の好みも入っていますが、重厚感がありながらも、シンプルで飽きのこないデザインはとても好印象。

「味の濃さ」以外を見ていくと、煙の量は JUSTFOG FOG1の方が多く、エアフロー(空気孔の調整)や、タンクの残容量の視認性の良さなど、総合的に見ていくと、どうしてもJUSTFOG FOG1の方が機能性に優れているように思えてしまいます

それでも、デザインや質感の高さ。老舗メーカー、Aspire社が手がけるペン型のベイプというだけあって、初めて購入するペン型としてはとても魅力的。

pockex aio

味の濃さ ★★★★☆
煙の量 ★★★★☆
ドロー
(煙を吸った時の感覚)
MTL(一度口に溜めてから肺に入れる吸い方)
エアフローの調整は不可
タンク容量 ガラス製
容量:2ml
バッテリー容量 1,500mAh
ドリップチップ 交換不可

通販サイトで価格をチェック

 

Joyetech eGo AIO

eGoAIO

ペン型で一体型のベイプとしては、長い間、人気の頂点にあった製品、eGo AIO。
電子タバコのメーカーとしては、最大手とも言えるベイプメーカー、Joyetech社の製品で、多くのベイプ愛好者が一度は使ったことのあるベイプではないでしょうか。

前述のJUSTFOG FOG1やAspire Pockex AIOなど、後発製品の方が、やはり味の濃さ、煙の量、ともに優れているのは否めません。

eGo AIOは、安価で手に入りやすい製品。初めてベイプを購入する方にとっては、お試し感覚で使うにはちょうど良いかもしれません。

ここは編集者の主観ですが、味の濃さとしては、JUSTFOG FOG1の半分〜くらいしか出ていないのではないかと思います。

ただし、最近よく見かけるカートリッジ式の電子タバコや、使い捨てタイプの電子タバコと比較すると、比べ物にならないくらい濃い味を味わうことができます。

Joyetech eGo AIO カラー

味の濃さ ★★★☆☆
煙の量 ★★★☆☆
ドロー
(煙を吸った時の感覚)
MTL(一度口に溜めてから肺に入れる吸い方)
エアフローの調整は可能だが、ほぼ変化なし
タンク容量 ガラス製(交換不可)
容量:2ml
バッテリー容量 1,500mAh
ドリップチップ 510規格

通販サイトで価格をチェック

 

Joyetech eGo AIOは、以下の記事で詳しい使い方や、味の濃さをレビューしています。

 

爆煙重視のペン型

爆煙のベイプ

ここまで、「味重視」のペン型ベイプを紹介してきました。

 

次に、「煙の量」を重視したペン型のベイプをピックアップ。

実際のところ、煙の量だけを重視するのなら、ボックスMODタイプの方が製品の種類も多く、「異常な量」と思えるほど煙の量も多いです。

それでも、今回紹介するペン型の爆煙タイプで、充分に「ベイプトリック」などは可能です。
4〜6畳くらいの部屋なら、すぐに周りが真っ白になるくらいの煙の量が実現できます。

Aspire K4

aspire K4

爆煙タイプのペン型ベイプとしては、最も有名なのが、Aspire K4。

ペン型の中では、圧倒的に煙の量が多いことで知られています。

このK4、今回の記事で紹介するベイプの中では、唯一アトマイザーとバッテリー部分が切り離せるタイプ。
アトマイザーのみを買い足し、付け替えるすることも可能な製品です。

Aspire K4に初めから付属しているアトマイザーは、Cleito Tank という、Aspire社製の爆煙アトマイザーとしては有名な物。

コイルも3種類の中から選べ、コイルの交換によって味の出方や煙の量を変えることができます。

爆煙タイプのペン型が欲しい、ということであれば、まずこの製品を選べば間違いはないはず。

ベイプトリックを楽しみたいというユーザーにもおすすめです。

味の濃さ ★★★☆☆
煙の量 ★★★★★
ドロー
(煙を吸った時の感覚)
DL(直接肺に吸い込む吸い方)
エアフローの調整が可能。
タンク容量 ガラス製
容量:3.5ml
バッテリー容量 2,000mAh
ドリップチップ 510規格

通販サイトで価格をチェック

 

JUSTFOG FOG1

JUSTFOG FOG1

「味重視のベイプ」でも紹介した JUSTFOG FOG1ですが、煙の量もとても多い製品。

販売されている2種類のコイルの中でも、煙の量が多い方のコイル(0.5Ω)を選べば、ベイプトリックも可能な程の煙の量が選べます。

ただし、先に紹介したAspire K4のように、煙の量を追い求めるためのベイプではありません。
実際には、Aspire K4に比べれば煙の量はやや少なめ。

煙を吸い込む時の空気の重さ(ドロー)も、Aspire K4や、MODに取り付けて使用する爆煙仕様のアトマイザーと比べれば、やはり重め。

爆煙を一気に肺の中に吸い込むなら、ドローは軽めの方が適しています。
本格的に爆煙を追求したいと言う方は、ボックスMODタイプ。または爆煙で有名な、Aspire K4を選ぶことをお勧めします。

味の濃さ ★★★★★
煙の量 ★★★★☆
ドロー
(煙を吸った時の感覚)
DL(直接肺に吸い込む吸い方)、MTL(一度口に溜めてから肺に入れる吸い方)
両方の吸い方が可能。

エアフローの調整が可能。
タンク容量 ポリカーボネート(プラスチック)製
容量:1.99ml
バッテリー容量 1,500mAh
ドリップチップ 510規格

通販サイトで価格をチェック

 

今、話題のペン型の製品と言えば?

この記事を書いている、2018年6月現在。

ベイプ愛用者のブログなどを見ている限り、やはり人気の製品は JUSTFOG FOG1です。

JUSTFOG FOG1

味の「濃さ」はもちろんのこと、リーズナブルな価格や、エアフローの調整がしやすい。タンクが交換できるなど、細かい部分に行き届いている点も評価が高い理由です。

編集部でも、これまで様々な製品を試してきて、味の濃さや使いやすさをレビューしてきましたが、今のところペン型でJUSTFOG FOG1を超える製品には出会えていません。

安くてもボックスMODと同じか、それ以上の味を実現できるJUSTFOG FOG1は、入門用にも最適です。

JUSTFOG FOG1の味を、ボックスMODと比較したレビューを、以下の記事で詳しく紹介しています。
この製品についてもっと知りたいという方は、ぜひ参考にしてみてください!

 

あの大物歌手が出演!テレビCMで話題のベイプ

最近、テレビCMでクレイジーケンバンドのボーカル、横山剣さんが出演しているペン型のベイプ。Smooth Vip(スムースビップ)が話題を呼んでいます。

スムースビップとリキッド

最近話題のペン型、スムースビップ

この製品は、これまで紹介してきたペン型のベイプよりも、味の濃さはやや薄めなののが正直なところ。

日本の老舗企業が発売したこともあり、セット内容がしっかりしていること。
始めやすいリーズナブルな価格や、CMに超大物芸能人を起用したことで人気を集めています。

Smooth VipのテレビCM動画や、実際に使った感想などは、以下の記事で詳しく紹介しています。

 

Smooth Vipの公式ページへは、以下から移動できます。

【30%OFF 限定セット】スムースビップ 公式サイト

 

ここまで、ペン型で味の濃いベイプ。煙の量が多いベイプや、人気の製品を紹介してきました。

この他にも、ボックスMODタイプを含む、本格的なベイプ製品について知りたい。さらにおすすめの製品が知りたいという方は、以下の記事を参考にしてみてください。

 

ただでさえ専門用語や、種類の多い電子タバコ。
電子タバコの種類や、製品の一覧ついて、もっと知りたいという方は、以下の記事も参考になるはず。

 

 

合わせてチェックしてみてください!


サイトのおすすめ記事

電子タバコランキング 1

この数年で爆発的にユーザーが増えた電子タバコ。 紙のタバコの代用品として、ニコチンを含む「加熱式タバコ」も次々と新製品が ...

vapeのおすすめ 2

リキッドを蒸気(煙)に変えて吸い込む「ベイプ」。 専門用語が多く、購入前は難しそうなイメージがあったベイプですが、実際に ...

電子タバコおすすめメーカー 3

電子タバコを購入しようと思っても、製品やメーカーが多く、どの製品を選べば良いのか迷ってしまいます。 残念ながら、まだまだ ...

-ベイプ

Copyright© 電子タバコVAPEの選び方 , 2018 All Rights Reserved.