ビタフル(VITAFUL)充電式タイプを使った感想と評価!

更新日:

ビタフル 充電式 徹底レビュー

オシャレな見た目と、コンパクトなサイズのビタフル(VITAFUL)。

禁煙・減煙のためだけでなく、タバコを吸わない方でも気軽に使える、人気の電子タバコです。ビタフルには、カートリッジが交換できる「充電式タイプ」と、「使い捨てタイプ」の2つの種類が販売されています。

ビタフル 充電式とカートリッジタイプ

写真左側が充電式(カートリッジタイプ)、右側が使い捨てタイプ

今回レビューする「カートリッジ交換タイプ」は、バッテリーが充電できるので、何度でも使い回せます。
経済的にもお得で、電池が入ったまま使い捨てにする「使い捨てタイプ」と比べると、環境にも優しいというメリットがあります。

そんなわけで、個人的にはビタフルを購入するなら「カートリッジ交換タイプ」がおすすめ。
「使い捨てタイプ」のビタフルと比べるて味が少ないというデメリットもありますが、その点も詳しくレビューしていきます。

カートリッジ交換タイプのビタフルの特徴や、実際に使ってみた感想。使い方や販売店など、詳しく紹介していますので、ぜひ最後までご覧ください!

※「使い捨てタイプ」のビタフルについては、「ビタフル(VITAFUL)を使ってみた感想!」の記事で詳しく紹介しています。

公式ページなら、1ヶ月の保証期間があって安心!

ビタフル(VITAFUL)充電式タイプの購入はこちら

ビタフル カートリッジタイプの特徴

ビタフル カートリッジタイプ

はじめに、ビタフルとその他の電子タバコ製品を比べた特徴から紹介しておきます。

ビタフルは、見ての通り紙のタバコに近いスマートなサイズの電子タバコ。オシャレな見た目で、外出中や運転中などにも便利。

煙の量や味の濃さは、リキッドを入れて使う「ベイプ」と比べてみると、そこまで多くはありません。ただ、休憩中などに「ちょっと気分転換に使う」には、煙や大きさが目立たず、ちょうど良いくらいです。

使い方はとてもシンプルで、電子タバコに詳しくない方や女性の方にもおすすめです。実際に使ってみると、「手軽に使える電子タバコ」という印象。

ビタフル

煙の量が少ないと言っても、見た目には紙のタバコと同じくらいの煙(実際には蒸気)が出るので、煙を吸っているという感じは充分あります。

口寂しい時、禁煙や減煙にもおすすめできる製品です。

「オシャレさ」がビタフルの特徴

ビタフル VITAFUL

「カートリッジ交換タイプ」「使い捨てタイプ」両方に共通していますが、ビタフルの特徴は、まずオシャレな見た目(デザイン)です。
これまでの「禁煙パイポ」のようなデザインとは全く異なり、洗練された質感で、見た目の満足感は高いです。

見ての通り、箱のデザインから本体の色、質感まで、一貫して発色の良い綺麗な色合いです。
本体もカートリッジ部分も、つや消しの塗装が施され、手に触れた感じはサラサラとした心地の良い感触。

ビタフル VITAFUL デザイン

他の電子タバコ製品にも、同様の吸い心地、同様のサイズ感の電子タバコが販売されています。いくつかの製品を使ってみた感想ですが、ビタフルはその中でも特にデザインにこだわった製品と言えそうです。

禁煙や減煙が目的なら、毎日手にするであろう電子タバコ。見た目や本体の質感は満足感にも直結するので、個人的にとても重要な要素だと考えています。

健康的に使える「新しい電子タバコ」

ビタフル 健康的に使える?

電子タバコ聞くと、あまり健康にとって良いイメージはありません。
ビタフルは、そうしたイメージを覆すように、健康的なイメージを全面に打ち出しています。

ニコチン、タールが含まれていないのは当たり前ですが、電子タバコやベイプで一般的に使われている成分「プロピレングリコール(PG)」と呼ばれる成分も不使用。

さらに、個人的に最も驚いたのは、電子タバコ業界ではほとんど見かけない「日本製」の製品ということ。

※参照:ビタフル 公式サイト

通常、電子タバコが製造されているのは中国国内が主流。日本製の製品はほとんど見かけたことがありませんでした。

ビタフルの公式ページを見ると、使い捨てタイプもカートリッジ交換タイプも、いずれも「日本製」と、はっきり明記されています。

健康成分が16種類?!

健康に関して驚いたことが、もうひとつあります。それは、ビタフルには、16種類の健康に関する成分が含まれているということ。

ビタフルに含まれる健康成分は16種類

ビタフル 栄養成分

※画像:ビタフル 公式サイト

 

これらの成分が、ビタフルの「使い捨てタイプ」にも、「カートリッジタイプ」にも含まれているというのです。

ただ、いくらこれらの成分が含まれていると言っても、蒸気を吸っただけで栄養成分が補給できるとは、なかなか思えません。あくまで、「カートリッジに栄養成分を含んでいる」というくらいに考えておくと良いのではないでしょうか

どちらにしても、電子タバコの「体に良くない」というイメージとは全く正反対の、「ビタフル」。
後ほど説明しますが、健康の害になるような成分が含まれていないか、成分検査の結果も掲載されています。

カートリッジタイプの特徴

ビタフル カートリッジ交換タイプ

次に、カートリッジタイプの特徴を、使い捨てタイプと比べつつ紹介していきたいと思います。

カートリッジ1本で500回吸える!

カートリッジ1本で500回使える

まず、使い捨てタイプと比べると、長く使うほどコストがお得です。本体の価格自体は、ほんの少しカートリッジタイプが割高。

ビタフルの価格

  • カートリッジ(充電式)タイプ:1,058円(税込)
  • 使い捨てタイプ:1,598円(税込)

しかし、カートリッジの価格が断然割安です。
カートリッジ1箱には、カートリッジが5本入っています。1本あたり、吸える回数は約500回。

単純計算すると、カートリッジ1箱で、2,500回も吸えてしまうことになります。

カートリッジの価格

  • 1箱: 1,598円

吸える回数

  • 1本: 約500回
  • 1箱(5本): 約2,500回

「カートリッジタイプ」と「使い捨てタイプ」を比較すると、以下のようになります。

吸える回数 価格
ビタフル 使い捨てタイプ(1本) 約500回 1,058円(税込)
ビタフル カートリッジタイプ(カートリッジ2本込み) 約1,000回 1,598円(税込)
ビタフル 交換カートリッジ(1箱5本セット) 約2,500回  1,598円(税込)

もちろん、使い捨てタイプは手軽に使えて便利なのですが、それでもコストや環境のことを考えると、やはりおすすめはカートリッジタイプです。
後ほどレビューしている通り、カートリッジタイプも使い捨てタイプも、味や煙の濃さには全く違いがありません。

カートリッジの味は4種類

ビタフル カートリッジ

※参照:ビタフル 公式サイト

ただし、カートリッジタイプにもデメリットがあります。それは、交換カートリッジの種類が少ないということ。
残念ながら、使い捨てタイプのビタフルと比べると、味の種類はとても少ないのです。

ビタフルの「味」の種類

ビタフル カートリッジタイプ 4種類

  • グアバフルーツ
  • メンソールミント
  • マスカットメンソール
  • スイートバニラ
ビタフル 使い捨てタイプ 12種類

  • メンソールミント
  • スウィートバニラ
  • ブルーベリー
  • グリーンアップル
  • グレープフルーツミント
  • マスカットメンソール
  • グアバフルーツ
  • チェリーコーラ
  • ストレートエナジー
  • ビターコーヒー
  • ウメミント(期間限定のフレーバー)
  • ピーチミント(期間限定のフレーバー)

カートリッジタイプのビタフルは、まだ発売されたばかり。
今後、カートリッジの種類が増えることは大いにありそうなので、期待したいですね。

他の電子タバコとの互換性は?

最近では、カートリッジタイプの電子タバコが次々と発売されていて、ビタフルによく似た電子タバコも販売されています。
中でも、よく耳にする電子タバコに「FLEVO」という製品がありますが、この製品とのカートリッジの互換性(付け替え)は無いようです。

ただし、Amazonを調べていると、社外製ですがビタフル用の互換カートリッジが発売されています。純正品よりも、ほんの少し安い価格ですね。

プルームテックとの互換性

ビラフルとプルームテック

最近よく見かけるようになった、JTの加熱式電子タバコ、プルームテック(Ploom TECH)。見た目の形状、サイズが似ていたので、もしかして互換性があるかも?と思い、試しに付け替えてみましたが、全く異なるサイズでした。

もちろん、カートリッジの付け替えなどはできません。見た目は似ていますが、規格は全く異なるんですね。

ビタフルを使ってみた感想

ここからは、ビタフルの充電式タイプ(カートリッジタイプ)を実際に購入して使ってみた感想を紹介していきます。
使い方については、のちほど詳しく解説しています。

ビタフルを公式サイトで注文して、私の住む九州まで、2日で商品が到着しました。

ビタフルの箱

まず感じたのは、商品パッケージのデザインがとてもオシャレで、質感が高く、さすがに「日本製」という感じがします。
よくある電子タバコのイメージは、簡易的な箱や、どこか安っぽいデザインです。ビタフルは、化粧品やコスメグッズのようなシンプルで綺麗なデザインで、しっかりした箱に包装されていました。

これなら、プレゼントとして渡しても喜ばれそうな印象です。

煙の量は、本物のタバコのよう

ビタフル_煙

気になる煙(蒸気)の量ですが、使い捨てタイプのビタフルと同じく、しっかり、はっきりと煙が作られます。
見た目にも、真っ白な煙がスーッと出ていき、気分的にも吸った感じがします。

ただ、ニコチン・タールは含まれていないので、紙のタバコを吸った時のような、喉への強い刺激(痛みのような)はほとんど感じません。これは、他の電子タバコでも同じこと。
こればかりは、タバコの煙と蒸気の違いでしょうか?

そのぶん、紙のタバコを吸ったことが無い人にとっては吸いやすいと思います。

刺激が足りないという方は、メンソールのフレーバーを購入することをおすすめします。すーっとした清涼感は、喉へのほどよい刺激になります。

ビタフルの味は「ほんのり香る」味

ビタフルの味

今回試してみたビタフルのフレーバー(味)は、「メンソールミント」「チェリーコーラ」。味の感じ方は、使い捨てタイプのビタフルとほとんど変わりません。

そもそも煙の量が全く異なるため、「ベイプ」製品ほど味は濃く出ませんが、禁煙や減煙に使うには十分です。
ほんのりとした香りと味わいで、リラックスした気分にさせてくれます。

今回私が購入した、2つの味を吸ってみた感想を紹介します。

メンソールミント味

メンソール味

味も濃さも、「使い捨てタイプ」のメンソールミント味と全く変わりません。
煙を吸い込むと、喉の中をスーッとした清涼感が通っていきます。メンソールの清涼感はそこまで強すぎず、続けて吸っても喉の負担にはなりません。

紙のタバコのような「雑味」がないため、クリアなメンソールを吸っている感じがします。
メンソール以外には、甘さも、他の風味も全く入っていない、純粋なメンソール味です。

チェリーコーラ味

チェリーコーラ

エナジードリンクのような甘さが特徴的な、チェリーコーラ味。
駄菓子のコーラのような風味に、エナジードリンクのようなスパイスのある香りがします。「ベイプ」のフレーバーで販売されている、エナジードリンクフレーバーにとても近い感じがしました。

ほどよい甘さで、ひと口吸ってすぐにエナジードリンクのようなスパイシーな風味が鼻を抜けていきます。
ちょっと口が寂しい時、甘さが欲しい時にもちょうど良いフレーバーです。

 

2本のフレーバーを吸ってみて感じたのは、どちらも全く異なる味ということ。
メンソールミントは王道のミントフレーバーで、少し刺激が欲しい時にはおすすめです。甘さをはっきりと感じるチェリーコーラは、「面白い味」とも言える美味しさで、お菓子のような風味を試してみたい方はすぐに気に入りそう。

カートリッジによって味が全く異なるので、自分に合った味を見つけるためにも、いくつかの種類を試してみると良さそうです。

今後、他の味を購入したら追記していきたいと思います。

ビタフル カートリッジタイプの使い方

ビタフル カートリッジタイプ

ビタフルは、カートリッジを交換するだけで使えるので、「ベイプ」製品のように知識やメンテナンスは全く必要ありません。

もちろん、電子タバコも紙タバコも全く使ったことがないという方でも、簡単に使えます。
ここでは、ビタフル カートリッジタイプの使い方を、ひと通り説明していきます。

ビタフルのスターターキットを購入すると、以下の付属品が付いてきます。

ビタフル 付属品

ビタフル スターターキットの付属品

  • 本体(バッテリー)
  • カートリッジ 2本(ミントメンソール)
  • USB充電器

充電方法

まず、本体(バッテリー)を充電します。付属のUSBチャージャーに本体を差し込み、パソコンやACアダプターなどから充電します。

ビタフル 充電

充電器に、回しながら本体を差し込む

充電が開始されると、USBチャージャー本体のLEDランプが赤く点灯します。LEDランプが消灯すると、充電完了!
電池の無い状態から充電まで、1時間半〜2時間ほどかかります。

カートリッジの取り付け

充電が完了したら、カートリッジを本体に取り付けます。本体に、カートリッジを回しながら取り付けます。

ビタフル カートリッジの取り付け方

カートリッジをビタフル本体に取り付ける

あとは吸うだけ!

カートリッジを取り付けたら、あとはカートリッジ側を口にくわえ、空気を吸い込むだけ!空気を吸い込むと自動的に電源が入り、煙(蒸気)が作られます。

ビタフルを吸い込む

煙を吸い込んでいる間、本体の先端のLED部分が点灯します。

吸い込んでいる間、本体先端のLEDが点灯する

味が薄くなり、蒸気の量が少なくなったらカートリッジを交換するタイミング。新しいカートリッジに付け替えます。

ビタフルに害はないの?

ビタフル 健康への影響は?

電子タバコを購入する時に、どうしても気になるのが健康への影響ではないでしょうか。

今でこそたくさんの製品が流通するようになり、健康への悪影響について、ほとんど聞かなくなりました。しかし、ちょっと前までは、電子タバコやベイプと聞くと、「健康被害」というイメージがありましたよね。

ビタフルは、使い捨てタイプもカートリッジタイプも日本製の製品。健康に害を及ぼす成分が含まれていないか、検査を実施した上で、公式サイトに検査結果が掲載されています。

以下の成分が含まれていないか、検査結果が掲載されている

  • ニコチン
  • ジエチレングリコール
  • ヒ素
  • カドミウム
  • 水銀

※参照:ビタフル 公式サイト

もちろん、健康に害を及ぼす成分は配合されていません。
日本のメーカーが販売する、日本で製造した製品。さらに、こうした資料が公表されているというだけで、やはり安心感があります。

公式サイトに「新しい健康習慣」と書かれているだけあって、他社の製品と比較しても健康への影響をしっかり考えているように感じました。

紙のタバコを吸うくらいなら、代わりにビタフルのような電子タバコに置き換えたいもの。ビタフルは、禁煙、減煙にもおすすめしたい電子タバコです。

ビタフル カートリッジはどこで販売されてる?

ビタフルは、現時点(2018年5月)では、以下の店舗で取り扱いを開始しているそうです。

  • ヴィレッジヴァンガード
  • ドン・キホーテ
  • スギ薬局
  • ザグザグ
  • 全国のサービスエリア

見ての通り、販売されていないエリアも多く、売り切れや販売されている種類が限られる場合もあります。

確実に購入したい方は、1ヶ月の保証期間も付いてくる、公式サイトからの購入がおすすめです。

ビタフル(VITAFUL)充電式タイプの購入はこちら

ビタフル カートリッジタイプをおすすめしたい人

ビタフルの特徴は、やはり他社製品と比較しても、見た目の質感が高く、おしゃれで使いやすいということ。
電子タバコ製品は、正直に言えば「安っぽい」質感の製品も多く、ビタフルのようにデザインや質感にこだわった製品は貴重です。

このデザインや質感なら、女性の方でも違和感なく使えそうです。

使い心地や吸い心地も、他社製品の電子タバコと比較して特に劣ることはありません。煙の量も吸いごたえもしっかりと感じます。

味や吸いごたえについては、素直に言えば他社製の電子タバコと大きな違いはなく、もっとバリエーションがあると嬉しいですね。

ビタフルは、初めて電子タバコを使う方や、禁煙・減煙が目的の方。それに、タバコを吸ったことがないという方にもおすすめです。
ただし、とにかく煙の量が多い方が良いという方や、もっと沢山のフレーバーを選びたいという方は、本格的な「ベイプ」製品を選んでも良いかもしれません。

ベイプは、見た目が少し大きめで煙の量もかなり多いため、外出時などに使用するには不向きかもしれません。
ビタフルは、煙の量はほどほどですが、見た目にも紙のタバコによく似ており、外出中や喫煙所などでの使用にもちょうど良さそうです。


サイトのおすすめ記事

電子タバコランキング 1

この数年で爆発的にユーザーが増えた電子タバコ。 紙のタバコの代用品として、ニコチンを含む「加熱式タバコ」も次々と新製品が ...

vapeのおすすめ 2

リキッドを蒸気(煙)に変えて吸い込む「ベイプ」。 専門用語が多く、購入前は難しそうなイメージがあったベイプですが、実際に ...

電子タバコおすすめメーカー 3

電子タバコを購入しようと思っても、製品やメーカーが多く、どの製品を選べば良いのか迷ってしまいます。 残念ながら、まだまだ ...

-電子タバコ

Copyright© 電子タバコVAPEの選び方 , 2018 All Rights Reserved.