フレンバーCloud17の徹底評価 - 使い方や感想も!

更新日:

フレンバーCLOUD17

フレンバー製品の中では、異質なサイズとデザインで存在感のあるフレンバー Cloud17。見た目も使い方も、他のフレンバーや他社の電子タバコとは異なっていて、とても特徴的です。

個人的に、ここ最近いろんな電子タバコ(ベイプ)グッズを収集しては試し、を繰り返していました。そんな中フレンバーCloud17は、やはり変わってるなぁ、と改めて気が付きました。

初期購入費用は他の電子タバコ製品と比べるとやや高めです。ただ、難しい操作やメンテナンス、クリーニングの必要が一切なく、メンテナンスが面倒に感じる人や、電子タバコが初めての方には、おすすめできる製品だと思います。

バッテリーとカートリッジも大容量なので、連続して長い時間吸い続けられます。反面、細かい設定はできません。リキッド(カートリッジ)の種類はたったの3種類で、フレンバー独自のカートリッジのため、他のリキッドは使用できません。

禁煙や一服つくには十分ですが、大きさの割にはいわゆる「爆煙」というほどの煙(蒸気)は出ません。

フレンバーCLOUD17の煙

フレンバーCLOUD17の蒸気

そんな特徴的なフレンバー Cloud17。早速レビューしていきたいと思います!
前半では使い方や特徴を。後半では、吸った感じやランニングコスト、健康への影響など、分かる範囲で紹介しています。

Frienbr CLOUD17

フレンバーCloud17

カートリッジを交換するだけで、煙の量も味もしっかり!
公式サイトなら、万が一の初期不良でも保証がついて安心!ポイントも溜まってお得に購入できます。

お得なキャンペーンも開催!

公式サイトへ

その他のフレンバーの製品との違いについて、以下の記事で紹介しています。

フレンバー3種類
フレンバーの感想と評価!4つの製品を徹底比較(Frienbr)

「フレンバー(Frienbr)」という名前は聞いたことあるけど、いったいどんな製品なの?電子タバコと何が違うの? 禁煙中 ...

続きを見る

フレンバー Cloud17を半年使った感想

フレンバー Cloud17

「フレンバー」というのはブランド名で、販売しているのは日本の会社です。リキッド(香りづけされた液体)を蒸気にして吸うタイプの、いわゆる「ベイプ」製品のひとつ。

もちろん、ニコチンやタールは一切含まれていません。リキッドの香りを味わったり、禁煙や減煙のために使う製品です。

ちなみに、フレンバーのリキッドは日本国内で製造されており、原産国証明や食品分析センターの試験結果が公表されています。
この商品を購入したのは、たしか去年(2017年)の5月頃だったので、約半年ほど経ちました。

その間、毎日フレンバー Cloud17を使っていた訳ではなく、別の電子タバコ(ベイプ)を試してみたり、フレンバーの小さいタイプの物を試してみたりと、気ままに使っていました。

フレンバー3種類

フレンバーには、他のラインナップもある

私の場合、日中机に座って仕事をすることがほとんどなので、仕事中に電子タバコを手にすることが多いです。
色々な電子タバコを置いていますが、フレンバーCloud17 を使う頻度はに多かったです。

その理由は、、

  • メンテナンスの必要が全くなく、簡単に使える。
  • リキッドが大量に入っているので、交換せずに吸い続けられる。
  • バッテリーが大容量なので、1日中使っていられる。

これだけで、フレンバーCloud17のメリットが伝わったのではないでしょうか?もちろん、デメリットもあるのですが、それはのちほど。

まずは、フレンバーCloud17の特徴をもう少し知るためにも、基本的な使い方をざっと説明してみます。

フレンバーCloud17の使い方

使い方と言っても、ほとんど説明が必要ないくらい、使い方は簡単です。順を追って説明していきます。

フレンバーCLoud17_スターターキット

まず同梱物ですが、本体と充電用のケーブル、カートリッジが1つ付属してきます。
箱の作りもしっかりしていて、それなりに重厚感があります。

フレンバーCloud17_箱

順番に使い方を解説します。

充電

本体にはボタンが1つしか付いていません。このボタンを1回押すと、今どのくらい充電があるのか、背面にLEDで表示されます。

フレンバーCLOUD17の電池残量

充電用のケーブルが付属しているので、本体の後ろに差し込みます。スマホなどでもよく使われている、USB Micro の規格です。

ACアダプターは付属していないので、パソコンに直接挿すか、スマホのACアダプターなどに挿して充電開始。

フレンバーCLOUD17の充電

カートリッジをセットする

フレンバーCLOUD17のカートリッジ

カートリッジの中には、リキッドを蒸気にするための気化装置と、香りのついた液体のリキッドが含まれています。
リキッド自体は普通のベイプのリキッドと変わりません。

カートリッジを本体にセットします。単純ですが、上から軽く差し込むだけです。

フレンバーCLOUD17カートリッジセット

カートリッジを抜く時には、口にくわえる部分のちょっと下を持ち、少し強めに持ち上げます。

フレンバー カートリッジ取り外し

ロックの解除方法

電子タバコにはよくある、安全ロックがかかっています。押し間違いを防ぐためのものですね。
購入したばかりの時に、「使おうとしたのに電源が入らない!」という時は、ロックがかかっているかもしれません。

ボタンを素早く5回連続で押します。ロックが解除されると、本体のLEDが点滅します。

フレンバー電源ON

素早く5回クリックすると、電源が入る

もう一度ロックする時には、同じく5回素早くボタンを押します。

バッグに入れて持ち歩く時など、必ずロックをかけておくようにしましょう。間違ってボタンが押されたままになると、リキッドが消費されるだけでなく、気化装置が熱を持つため危険です。

2-4 ボタンを押して蒸気を吸う

ロックを解除したら、さっそく蒸気を吸い込みます。

電子タバコはだいたいどれも同じですが、ボタンを押している間だけ蒸気が作られます。「ボタンを押しながら吸う」という動作で蒸気を吸いましょう。

ボタンを押している間は、本体のLEDが点灯します。

フレンバーCloud17_ボタン

ここまでが、フレンバーCloud17を使う上での、一連の流れです。
文章にすると長くなってしまいましたが、

  1. カートリッジをセット
  2. ロックを解除
  3. ボタンを押して吸う

という簡単なものです。

これまでに他のリキッド式電子タバコを使ったことがある方なら、セットアップやリキッドの補充が必要ないという点に気がついたのではないでしょうか?
次は、そんなフレンバーCloud17の特徴を紹介していきます。

フレンバーCloud17と他の製品の違い

フレンバーCLOUD17

使い方を見てもらうと分かりますが、一般的なリキッド式電子タバコ(ベイプ)の場合、そもそもフレンバーCloud17のような作りにはなっていません。
一般的なベイプ製品の場合、以下のようにリキッドを補充する「アトマイザー部分」が分解でき、特にこの部分のメンテナンスや部品交換が必要です。

アトマイザーとはどの部分?

カートリッジを付け替えるだけ

フレンバーCLoud17が特徴的なのは、カートリッジを付け替えるだけでメンテナンスが不要という仕組み。
一般的なベイプ製品や、他のフレンバー製品では、まずタンクの中にリキッドを注入する作業が必要です。

リキッド

通常は、リキッドの補充作業が必要

また、リキッドを熱するための「コイル」と呼ばれる部品を定期的に交換したり、毎回タンクを洗浄する手間も生じます。

フレンバーONE_コイル取り外し

「フレンバーONE」という製品のコイル交換作業

そもそも、リキッドを注入する作業自体が嫌だという人も多いかもしれませんね。

電子タバコを趣味として扱っている人にとっては、特にメンテナンス作業や部品交換を面倒に感じることはないはず。
ですが、紙のタバコの代用品として、禁煙や減煙のために使いたいという人や、単純に香りを楽しむために使いたいという人にとって、この作業はやや面倒に感じると思います。
部品を毎回注文するのも手間に感じるでしょう。

カートリッジを替えるタイプの電子タバコは、フレンバー以外にももちろん存在します。フレンバーCloud17ほど大きなサイズではなく、紙のタバコに似せた小さいサイズのものがほとんどです。

小さいサイズの場合、作られる煙の量が少なく、味が薄いため満足感が得られにくいというデメリットもあります(その反面、持ち運びやすい、目立たないというメリットがあります)。

良いことばかりのように聞こえるカートリッジ式の、フレンバーCloud17ですが、カートリッジタイプにすることで、リキッドの数が限られる、細かい調整が利かない、などのデメリットもあります。
こうした欠点についても、後ほど説明します。

吸った感は充分!

リキッドの種類によって多少の吸いごたえはありますが、予想以上に煙(蒸気)の量は出ます。
もっと煙がよく出る電子タバコ(ベイプ)ももちろんありますが、それこそ見た目がゴツゴツしており、メンテナンスは大変です。

それでも、3秒ほど時間をかけてゆっくり蒸気を吸い込むと、見た目には紙のタバコ以上の、真っ白な濃い煙がモワモワ出てきます。

フレンバーCLOUD17の煙の量

メンソール味のカートリッジの場合、しっかりとした強い清涼感を喉に感じ取ることができます。蒸気を吐き出した後も、しばらくは口や喉がスースーします。
ただ、そもそも紙のタバコの煙とは違うので、紙のタバコと同じレベルの重厚感は得られません。これは他の電子タバコでも同じことです。

禁煙目的や、本格的な電子タバコは不要な人におすすめ

他社製の小さいサイズの電子タバコなどと比較した場合、フレンバーCloud17はかなりリキッドの味や吸いごたえを感じられます。禁煙や休憩時間の息抜き程度に使うつもりなら、充分すぎる味と煙の量・濃さだと思います。

カートリッジのリキッド量がとにかく多い(10ml)ので、1日に紙のタバコ1箱くらいを吸っていた方なら、1つのカートリッジで数週間は持つのではないかと思います(吸い方にもよります)。

リキッドは美味しいが、もうちょっと種類が欲しい

参考までに、リキッドは3種類しか販売されていません。うち2つはメンソール、もう1つはマスカットです。

フレンバーCLOUD17専用カートリッジ

私が購入したのは、ストロングメンソール味マスカット味。メンソールには、さらに強めのハードブラストメンソール味というのが販売されていいます。

ストロングメンソール味の感想

フレンバーCLOUD17カートリッジ_ストロングメンソール

私の場合、ストロングメンソール味で充分にメンソールの味を感じられました。シンプルな、スッキリとした雑味のないメンソール風味です。

甘みや余計な味がせず、紙のタバコのメンソールフレーバーを抽出したような、清涼感が強い印象です。ネット上でもとても評価が高く、試す価値のある風味です。

マスカット味の感想

フレンバーCLOUD17カートリッジ_マスカット

こちらも、スッキリとした印象のマスカット味。甘さはそんなに強くなく、安っぽい感じもしない爽やかな味です。

メンソールのような刺激は得られないですが、ほのかな甘みは癖になります。このリキッドもメンソール同様、雑味を感じず、純粋にマスカットのスッキリした味付けが得られます。

2つのリキッドを、試しに女性の友人にも試してもらいましたが、タバコを吸わない彼女にしても「マスカットのガムみたいで美味しい!」と高評価でした。
長年、紙のタバコを吸ってきた私の感想としては、「スッキリ」や「爽やか系」だけでなく、ずっしりしたフレーバーがあっても良いのにな、、と思うところ。

メンソールとマスカットはどちらも人気の風味ですが、こだわりたい人にとっては少し物足りないかもしれません。カートリッジの種類がもっとあるといいなと思うのですが。

刺激が足りないという方は、強力なメンソールフレーバーの、「ハードブラストメンソール」が良いかもしれません。

フレンバーCloud17の欠点

半年ほど使ってみて、故障や不具合は今のところありません。
始めの方にも触れましたが、この製品ならではのデメリットはいくつかあります。

拡張性はまったく無し

くどいようですが、カートリッジに全てが組み込まれているので、パーツ交換が全くできません。
一般的なベイプ製品のように、部品を交換して煙の量を調整したり、味を調整したり、、といったことは一切できないです。

凝ったことがしたい、趣向品として楽しみたいという人は、一般的なベイプ製品の方が満足感は高いと思います。

リキッドがたったの3種類

フレンバーCLOUD17_カートリッジ_公式ぺー

「拡張性」という意味にも通じますが、リキッドは3種類だけ。この点も大きなデメリットと言えます。
そもそもいろんなリキッドを楽しむことができるのが、ベイプの本来の楽しみのうちの1つ。

せめてリキッドが自由に入れ替えできる専用カートリッジが、オプションとしてあっても良いような気もします、、
ここら辺は、自社のリキッドを使って欲しいというメーカーの意図があるのかなと勘ぐってしまいます。

初期費用が高い

本体とカートリッジ1本が付属して、12,800円。これが初期費用です。
、、ちょっと高いような気もしますね。

確かに、部品交換やメンテナンスの必要が無いので、とても便利です。便利さと引き換えにこの価格、というのは悪く無い気がしなくもないですが。

でも、本音を言うと、もうちょっと安くても良いんじゃないかなぁ〜と思ってしまいます。

カートリッジがやや高い

交換カートリッジの価格は、2,780円です。10mlのリキッドが含まれているので、紙のタバコを1日1箱くらい吸う方なら、1〜3週間は使えると思います。
カートリッジの内部には、アトマイザー(加熱装置)コイル(電熱線)が組み込まれています。一般的なベイプなら、数百円のコイルを定期的に交換し、アトマイザーを毎回洗浄する必要があります。

そう考えると、これくらいの価格になってしまうのもそんなに高くない気もしてしまいます。

使っていて気になったこと

ここからはちょっと細かい話しになります。欠点というほどでもないのですが、改善の余地があるなと感じた部分です。

空気孔(エアフロー)の位置が微妙

電子タバコにおいて、空気孔(エアフロー)は吸い心地を決める上で重要な役割を果たします。
フレンバーの場合、ちょうど吸い口のすぐ下についているのですが、この位置はすごく微妙です。

フレンバーCLOUD17_空気孔(エアフロー)

まず、空気孔と分からないので分かるようにして欲しいです。
というのも、ちょうど本体を持った時に親指の位置に空気孔がきてしまいませんか?

フレンバーCLOUD17_空気孔を塞いでしまった

分からずにそのまま吸おうすると、空気の入り口を塞ぐことになるので、吸い込むことができません。
そこまでいかなくても、微妙に親指が空気孔に触れてしまうと、空気の通りが悪くなり、吸い心地が悪くなります。

実際に何度かそういうことがあり、「ん??」と思いました。

電子タバコの仕組みが分からない人なら、何が起こったのか分からなくて不安になりますよね、、。空気孔と分かるように工夫をすることと、親指の当たらない場所にして欲しかったな、と思いました。

吸う時に「ジューっ」「パチパチ」音がする

これはどのベイプでも起こることなので仕方がないのですが、ボタンを押して吸う時に、リキッドが蒸発する音が「ジューー」っとします。そして時々、パチパチっとリキッドが弾ける小さな音が聞こえてきます。

ベイプに慣れている人にしてみれば普通のことなのですが、気になる人は気になると思います。
リキッドを蒸気にして吸うタイプの電子タバコ(ベイプ)なら、どれもこんな音がするので、仕方がないのかなと思います。

ジュルジュル鳴る

しばらく吸っていると、吸い込むたびに鼻水が詰まったような「ジュルジュル」と言う気持ち悪い音が聞こえてくることがあります。これもベイプではよくある現象なのですが、長い間吸っていると、カートリッジ内部に結露したリキッドの成分が溜まってしまいます。

これが、空気を吸い混む時に邪魔をして、ジュルジュルと鳴ります。

壊れている訳ではないのですが、吸っていてかなり気持ちが悪いです。

溜まったリキッドは空気孔から外に出すことができます。カートリッジを外すと、溜まっている液体が見えます。

フレンバーCLOUD17_異音の原因

ジュルジュル音がし始めた時は、空気孔にティッシュなどを詰め、カートリッジを斜め下に傾けることで、結露したリキッドを取り除けます。

フレンバーCLOUD17_異音の原因対処

カートリッジの底に液漏れ??

液漏れなのか、なぜそうなったのか、いまだに理由が分からないのですが、しばらく使っていてカートリッジを外すと、カートリッジの底にリキッドが付着しています。

フレンバーCLOUD17_液漏れ

微量なので、服に付いたりするほどではなく、特に問題とも言えないのですが。ちょうど電気的な接点となる位置なので、ちょっと不安になってしまいます。
あと、なぜ何度もここにリキッドが溜まるのか、とても気になります。見つけたら、拭き取っておきましょう。

フレンバーCloud17 体に害はないの?

ここまで、一通りフレンバーCloud17の使用感や感想を書いてみました。最後に、フレンバーリキッドの健康への影響について、分かる範囲で書いてみようと思います。
まず、フレンバーで使っているリキッドは、一般的な「ベイプ」のリキッドと同じです。

ベイプについて詳しい方ならご存知だと思いますが、リキッドに含まれる成分は、植物性グリセリン(VG)と、プロピレン・グリコール(PG)。これに、メンソールやマスカットなどの香料が加えられています。

これは、どのベイプのリキッドも変わりません。VGもPGも、化粧品や食品添加物、医薬品などに用いられる、人体には無害とされている物質です(稀にアレルギーのある方がいるようなので、その点は注意)。

紙のタバコのように、ニコチンやタールが含まれている訳ではないので、リキッドを摂取することで健康被害が起こることは考えにくいものです。
海外のリキッドには、ニコチンを含んだ物も販売されていますが、フレンバーの場合、日本で製造され、原産国証明も取得済み。食品分析センターで検査され、ニコチンが含まれていないことも証明されています。

安全性についてはあまり心配ないのでは?というのが個人的な感想です。

ただし、ベイプのリキッド全般について言えることですが、ベイプという商品自体、販売が広まって10年ほどしか経っていないものです。長い時を経過しなければ、吸引によって健康への影響が起きるのかどうかを判断することは難しく、一概に安全と判断するのは早計です。

これについては、別途記事でまとめているので、気になる方は参考にしてみてください。

電子タバコの水蒸気
電子タバコの煙って一体なに?水蒸気は健康に悪くない?

ここ数年、健康ブームが続く日本。 喫煙者の肩身が狭くなる一方で、電子タバコの需要は一気に拡大しています。 イギリスから火 ...

続きを見る

私個人の感想ですが、客観的に見て、よほど品質に問題のあるベイプリキッドを使わない限り、健康被害が起こることは考えにくいと思います。フレンバーCloud17のリキッドに関しては、特に心配はしていません。
私自身、そうとうな量を吸っていますが、これまで体調に不具合を感じたことはありません。

使用に際しては個人の判断に委ねられます。どのような製品でも、使いすぎは禁物だと思います。ほどほどに楽しむようにしましょう。

さいごに 禁煙にはおすすめな製品

ここまでで、フレンバーCloud17のレビューは終わります。
以下の記事では、フレンバーの全てのラインナップを比較しています。別のフレンバー製品も気になるという方は、以下の記事もチェックしてみてください。

フレンバー3種類
フレンバーの感想と評価!4つの製品を徹底比較(Frienbr)

「フレンバー(Frienbr)」という名前は聞いたことあるけど、いったいどんな製品なの?電子タバコと何が違うの? 禁煙中 ...

続きを見る

フレンバーCloud17は、煙が多すぎず、洗練されたデザイン。メンテナンスや部品交換が不要、リキッドの補充作業さえ必要ありません。
こうした特徴を考えると、初めて電子タバコを使用する方や、禁煙や休憩時の一服のために使いたいという方には、おすすめできそうな製品です。

  • ややこしい操作は嫌、面倒なことはしたくない。
  • いわゆるベイプらしい、メカニカルなデザインは嫌。

こういった方は、この製品を試してみると良いかもしれません。

Frienbr CLOUD17

フレンバーCloud17

カートリッジを交換するだけで、煙の量も味もしっかり!
公式サイトなら、万が一の初期不良でも保証がついて安心!ポイントも溜まってお得に購入できます。

お得なキャンペーンも開催!

公式サイトへ


サイトのおすすめ記事

ペン型のベイプ 1

入門機というイメージも強い、ペン型のベイプ。 しかし、最近では充分に「煙の量」も「味」もしっかり出るペン型のベイプがたく ...

vapeのおすすめ 2

リキッドを蒸気(煙)に変えて吸い込む「ベイプ」。 専門用語が多く、購入前は難しそうなイメージがあったベイプですが、実際に ...

電子タバコおすすめメーカー 3

電子タバコを購入しようと思っても、製品やメーカーが多く、どの製品を選べば良いのか迷ってしまいます。 残念ながら、まだまだ ...

-ベイプ

Copyright© 電子タバコVAPEの選び方 , 2018 All Rights Reserved.