電子タバコが爆発する本当の原因 - 危険を防ぐために必ずすべきこと

投稿日:

急速な普及にともなって、爆発・発火事故が報告されている電子タバコ。
ニュースやインターネットのメディアなどで目にしたことがあるという方も多いと思います。

電子タバコには、一部、取扱いを間違うと危険な製品もあります。しかし、使い方を間違えなければ、爆発などを起こすことは、まずありません。

安全に使うためにはどのような製品を選び、どのように取り扱えばいいのか。
また、日本で普及しているiQOS(アイコス)やPloomTECH(プルームテック)などの「加熱式タバコ」に爆発の危険はないのか。

この記事を通して、安全に使うために確認すべきことを詳しく説明していきます。

電子タバコ爆発の原因は?

電子タバコの爆発原因は

実際に爆発した製品と、爆発事故の主な原因。日本で普及している加熱式タバコについて調べてみました。
その実態は、意外なものでした。

爆発した製品の特徴

爆発した製品には、全て同じ特徴があります。

その特徴は、電子タバコに電圧を制御する回路が搭載されていないこと。そして、リチウムイオン電池から直接電気を取り出す形の製品である、ということです。

このような製品のことを「メカニカルMOD」といいます。MODというのは、ここでは大まかに「バッテリー」のことを意味しています。

メカニカルMOD

爆発・発火を起こしたのはメカニカルMOD

メカニカルMODの製品は、電子タバコの中でも「ベイプ」と呼ばれる種類。リキッド(香りのついた液体)を加熱して、蒸気に変えて吸うタイプの電子タバコです。
メカニカルMODは、ベイプの中でも電気的な知識を必要とする、 上級者向けの製品。

繰り返しになりますが、爆発した製品のすべてが、メカニカルMODでした。

爆発の直接的な原因は?

爆発に繋がった原因には、様々な理由が考えられます。

事故が起きた時の状況を調べてみると

  1. 吸っている時に爆発した
  2. ポケットの中で爆発した

この2つが、爆発が起こった時の状況でした。
さらに調べていくと、どちらも、使っている本人が危険性を十分に認識していなかったことに原因がありそうです。

まず、吸っている時に爆発したケースですが、原因は使っている「電池」にあります。

バッテリーの漏電

このケースでは、電池の被覆が剥がれたまま使っていたため、爆発を引き起こしてしまったのです。
被覆が剥がれたままだと、MOD内部で漏電を起こしてしまいます。MODに電気が通り、電池が爆発してしまうのです。

バッテリーに衝撃が加わった

ポケットの中で爆発したケースでは、コインと一緒にポケットにいれていたことが、爆発に繋がったものと思われます。

また、ライブを見ている最中にポケットで爆発したケースもありましたが、この場合は長い時間衝撃を与え続けたために爆発してしまったのです。

メカニカルMODは、危険性の高い製品。使用している本人が認識を誤ると、爆発事故を引き起こす可能性は高いです。

また、電子タバコのメーカーは無数に存在します。残念ながら中には粗悪な製品もあり、品質保証が怪しいメーカーもあります。
そのことを知らずに使っている人も多いようです。

アイコスやプルームテック、グローは大丈夫?

アイコス、グロー、プルームテック

「電子タバコ」と聞いて、まず思い浮かぶのは、最近急激に使用者が増えている、アイコスやプルームテック、グローではないでしょうか。
こうした製品も爆発するのではないか?と、不安を感じている方もいらっしゃると思います。

しかし、現在(2018年10月)のところ、加熱式タバコが爆発したという事故は報告されていません。

電子タバコで爆発事故が起きた製品は、電圧を制御する回路のない物(メカニカルMOD)でした。
加熱式タバコには、当然ながら安全性に配慮して、制御回路機能が搭載されています。

また、加熱式タバコを販売しているメーカーが、安全性には十分注意して製品を作っているためであるとも言われています。
よほど誤った使い方をしなければ、加熱式タバコは安全です。

日本で発売されている電子タバコ(ベイプ)の危険性は

爆発事故の報告は、今のところ、全て海外で起きています。では、日本で発売されている製品の危険性はどうなのでしょうか?

結論を言えば、メカニカルMODなら、危険性は海外の商品と変わりません。

なぜ日本国内では爆発事故が起きていないのか、不思議に思うかもしれません。それは、まだまだ電子タバコの普及が海外ほど進んでいないためであると言えます。

爆発事故を起こさないために

爆発事故を起こさないためには、どうすればいいのか?
危険性を十分理解し、管理を怠らないようにして、事故を防ぐようにしましょう。

ベイプ製品で、爆発や発火を起こさないためにも、以下のようなことに気をつけてください。

製品を買う場所を考える

初めて「ベイプ」と呼ばれる製品を購入する初心者の方は、きっと何を買えばいいかわからないと思います。

全国各地にベイプショップ、電子タバコショップが増えてきました。
初めて買う時は、このような「専門ショップ」に行き、ショップの方に電子タバコの購入が初めてということを伝えてください。

スタッフの方が、初心者におすすめな商品を教えてくれます。専門ショップなら、知識豊富なスタッフが必ずいるはずです。

電子タバコを買うなら、まずは専門ショップで購入するようにしましょう。

製品の手入れを怠らない

購入した電子タバコを使っていると、必ず手入れの機会が訪れます。しっかりメンテナンスをするようにしましょう。
ベイプ初心者の方に気にしてほしい点があります。それは、空焚きをしないことです。

コットンに染み込むリキッドが無くなってしまうと、空焚き状態になって、コットンが燃えてしまいます。
リキッドが少なくなってきたら、早めの補充を心がけてください。

コイルを交換した場合、新しいコイルのコットンにリキッドが染み込むまで、時間を置くことも重要です。
これだけ気にするだけでも、事故の機会は減るはずです。

メカニカルMODを使わない

初心者のうちは、メカニカルMODを使わないことをおすすめします。
メカニカルMODは、電子タバコの知識が豊富な方でも、使い方を誤れば危険な製品です。

電子タバコ専門ショップでも、初心者と言えばおすすめはされないはずです。

メカニカルMODは特に危険という認識を持ってください。

電子タバコに慣れ、製品や電気についての知識が充分に増えて、はじめて使える製品です。

バッテリーの危険性を理解する

電子タバコの電池には、リチウムイオン電池が採用されています。爆発する原因は、この「電池」が爆発することで起こります。

熱を持ったら一旦使用を休止する

初心者が電池の使用中に気をつけることが1点あります。電子タバコを連続で吸っていると、本体がかなり熱を持ってきます。
本体が熱いということは、電池が熱を発しているのです。

電池が熱さの一定を超えると、ガスが吹き出し、ついには爆発(発火)する恐れがあります。
熱を持ちだしたら、一旦使用を注視して、少し吸うのをお休みするようにしてください。

暑い場所に置きっぱなしにしない

また、電子タバコを車の中に置いたままにしている方もいるかもしれません。
夏場が特に危ないのですが、車の中の温度が上がっていたり、直射日光を浴びたままにしていると、電子タバコ内の電池が熱くなります。

このままにしておくと、先ほどと同じように、ガスが噴き出し爆発する恐れがあります。車の中に放置するのはやめてください。

 

これらの点を注意すれば、爆発事故を引き起こす危険性はかなり低くなります。

電子タバコは、扱い方次第で爆発や発火を起こすということは、頭の片隅に置いておいて下さい。

さいごに

電子タバコは使い方次第で、危険物になり得る製品。しかし、正しい使用方法で使っていれば、それほど危険なものではありません。

安全に使うためには、ある程度は電子タバコについての知識を学ぶことが大切です。
今回は、最低限知っておいてほしいこと。気をつけてほしいことを説明しました。


サイトのおすすめ記事

ペン型のベイプ 1

入門機というイメージも強い、ペン型のベイプ。 しかし、最近では充分に「煙の量」も「味」もしっかり出るペン型のベイプがたく ...

vapeのおすすめ 2

リキッドを蒸気(煙)に変えて吸い込む「ベイプ」。 専門用語が多く、購入前は難しそうなイメージがあったベイプですが、実際に ...

電子タバコおすすめメーカー 3

電子タバコを購入しようと思っても、製品やメーカーが多く、どの製品を選べば良いのか迷ってしまいます。 残念ながら、まだまだ ...

-ベイプ, 電子タバコ

Copyright© 電子タバコVAPEの選び方 , 2018 All Rights Reserved.