フレンバーの感想と評価!4つの製品を徹底比較(Frienbr)

更新日:

これまでのフレンバーシリーズ

左から、フレンバーCloud17,STANDARD,ONE,AIR

「フレンバー(Frienbr)」という名前は聞いたことあるけど、いったいどんな製品なの?電子タバコと何が違うの?

禁煙中の人や、ファッションとして電子タバコを楽しみたいという人を中心に、人気のフレンバー。
最近では、アイコス(IQOS)やプルームテック(Ploom TECH)、グロー(glo)など、新しい電子タバコが次々と登場しています。

これから電子タバコを購入しようとしている人は、どれがどう違うのか気になっているのではないでしょうか?

ニコチンやタールが含まれない、日本製のリキッドで信頼性の高いフレンバー。
フレンバーは、タバコとは全く異なる製品です。

タバコの数を減らしたいという人や、ファッションとして電子タバコを試してみたいという人には、便利なアイテム。

似たような電子タバコが多くある中、他社製品との違いや、フレンバーの4つのラインナップ。商品ごとの特徴など、詳しく紹介していきたいと思います。

フレンバー(Frienbr)は電子タバコと違う?

フレンバーAIR

まず、電子タバコについてよく分からないという方のために、フレンバーが他の電子タバコとどんなふうに違うのか?フレンバーの特徴についても簡単に説明しておきたいと思います。

フレンバーは、女性でも使えるようにおしゃれなデザインで統一しています。しかし、他社製の電子タバコと異なるのは見た目だけではありません。

ニコチン・タールのないリキッド日本製のリキッド

フレンバー リキッド

フレンバーは、リキッドと呼ばれる香りのついた液体を入れ、蒸気(フレーバー)を楽しむ電子タバコ製品です。

こんなふうにリキッドを入れて楽しむ電子タバコのことを、「リキッド式電子タバコ」、通称「ベイプ(VAPE)」と呼びますが、フレンバーもベイプ製品のひとつと考えられます。

「電子タバコ」というくらいだから、ニコチンが入っているの?体に有害な成分が入っていないの?
と、心配になりますよね。蒸気にして吸い込むわけなので、当然、安全面が気になってしまいます。

フレンバー専用のリキッドには、ニコチン・タールは一切含まれていません。

フレンバーのリキッドは、「製品安全データシート」と呼ばれる検査報告書や、ニコチンが入っていないことを証明する成分分析の証明書、原産国証明書などを取得しています。

一部の海外製のリキッドや、安価なリキッドの中には、安全性がやや不透明なものもあります。フレンバーのリキッドは、そうした製品と比べてみても、安心して吸うことができそうです。

アイコス、プルーム・テックとはどう違う?

加熱式タバコ3つの製品

加熱式タバコ3つの製品

ここまで読んでいただければ分かるように、フレンバーはそもそもニコチンの入った「アイコス」や「プルームテック」などの加熱式電子タバコとは全く異なります。

フレンバーは、あくまでもタバコを吸うような「仕草」や「香り」を楽しむためのものです。

アイコスやプルームテックは、もちろんニコチンが入っていますし、ごく微量ながらタールも含まれています。紙のタバコを吸うのと、あまり変わりないということです。

それから、アイコスって実際に吸っている人の近くにいると、意外と臭いますよね。フレンバーはアロマのような香りのリキッドを吸うので、タバコのような「匂い」は一切しません。

ファッション感覚で電子タバコを楽しみたい。タバコは吸うけど、タバコの本数を減らすためにフレンバーを楽しみたい。そういう人にとって、フレンバーは便利なアイテムです。

フレンバーの購入は公式サイトが安心

  • 公式サイトなら、初期不良時も無償で交換
  • 購入毎にポイントが貯まる
  • 割引キャンペーンが頻繁に開催中

お得なキャンペーンをチェック!

公式サイトへ

フレンバーの4つの製品

フレンバーは、現在4つの製品がラインナップが販売されています。実は、それぞれの商品で使い方や特徴が全く異なっています。

フレンバー ラインナップ

フレンバーシリーズ 4つの製品

※製品名を押すと、それぞれの商品の説明に移動します。

製品名 タイプ 特徴
フレンバーAIR  カートリッジ交換式 一番新しいモデル。メンテナンスは一切不要。小さくてデザインも洗練されているが、蒸気(煙)の量はやや少なめ。
フレンバーCLOUD17  カートリッジ交換式 蒸気の量が多く、メンテナンス不要。カートリッジを交換するだけで、メンテナンス不要。
フレンバーONE  リキッド補充式 小さくてシンプルなデザイン。リキッドを入れ替えたり、部品(コイル)交換は必要。持ち運びに便利。
フレンバーSTANDARD  リキッド補充式 定期的なメンテナンスや部品交換は必要。部品が交換できて長持ちしやすい。一般的なベイプと同じ。

上の表にある通り、製品のタイプは大まかに「カートリッジ交換式」と「リキッド補充式」に分けられます。
2つのタイプでは、メンテナンスの仕方や使い方が全く変わってくるので要注意!

電子タバコがはじめてという人や、定期的なクリーニングや部品交換が面倒という方は、迷わず「カートリッジ交換式」を選ぶことをおすすめします。

さっそくですが、タイプ別の特徴と、製品を使ってみた上での感想などを紹介していきます。

カートリッジ交換式のフレンバー

カートリッジ交換式のフレンバーは、一切メンテナンスの必要がありません。「カートリッジ」には専用のリキッドや、リキッドを加熱するための「コイル」が内蔵されているので、カートリッジを付け変えるだけで使えてしまいます。
ただし、その分選べるカートリッジの種類が極端に少なくなってしまうので要注意。この点だけは、カートリッジ交換式のデメリットですね。。

それでも、使ってみると分かりますが、従来の「リキッド補充式」のフレンバーと比べると本当に便利!

リキッド補充式のフレンバーの場合、毎回リキッドを補充したり「コイル」と呼ばれる部品を交換したりする必要が出てきます。
香りの異なるリキッドを入れる際は、その都度クリーニングをしたり、部品を交換したりする必要もあります。電子タバコに慣れている人や、「メンテナンスは仕方がない」と割り切れる人には良いですが、正直に言ってかなり面倒です。

おすすめは、カートリッジ交換式のフレンバーです。

カートリッジ交換式のフレンバーには、以下の2つがあります。

フレンバーCloud17 フレンバーAIR
フレンバーCLOUD17 フレンバーAIR
蒸気(煙)の量が多く、AIRよりもリキッドの味をしっかり感じやすい。禁煙や長時間の使用におすすめ。 一番新しいモデル。小さくてデザインも洗練されている。蒸気(煙)の量はやや少なめ。ファッションとしておすすめ。

フレンバーCLOUD17の方が、バッテリーの容量が大きく、煙の量も多いという特徴があります。そのぶん、値段も高くなっています。
一方、フレンバーAIRは手のひらに全て隠れてしまうほど小型で、カジュアルシーンにも馴染む、洗練されたデザインです。こちらの方が価格はかなり割安です。

どちらが良いということはありませんが、「リキッドの味をしっかり味わいたい」「長時間使用したい」「煙の量がしっかり出る方がいい」という方はフレンバーCLOUD17がおすすめ

煙の量やリキッドの味よりも、普段から持ち歩いたり、外でも吸いたい。見た目のオシャレさを重視したいという方は、フレンバーAIRの方がおすすめです。

カートリッジ式の2つの製品を、それぞれももう少し詳しく見ていきましょう。

フレンバーAIR

個人的に、すべてのフレンバー製品を使ってみて、最もおすすめなのが、この「フレンバーAIR」です

フレンバーAIR

見た目のオシャレさや質感の高さも気に入りましたが、この大きさで蒸気(煙)がしっかり出るのが驚きです。

下の動画は、実際にフレンバーAIRを吸った時の、煙の量を撮影してみた動画です。

使い方は、従来のフレンバー製品と比べても最も手軽。カートリッジを付けるだけで、あとは空気を吸い込むだけで自動的に煙が作られます。

本体には、ボタンがひとつもありません。そのせいなのか、デザインもとてもシンプルでスッキリしています。
個人的には、これまでのフレンバー製品の中で最もデザインが洗練されている、と思いました。

フレンバーAIR 本体

そして、この質感や性能のわりに、価格がとても安いというのも驚きです。

後ほど紹介する「フレンバーCLOUD17」は、カートリッジ式で煙の量がフレンバーAIRよりも多いですが、価格はフレンバーAIRの約4倍(12,800円)もします!

フレンバー AIRの特徴

  • カートリッジを付けるだけで使える
  • メンテナンスやクリーニングは不要
  • 煙の量はやや少なめ
  • 本体の価格が安い

はじめて電子タバコを購入する方は、サイズ感や使いやすさ、そして価格的にもちょうど良いのではないでしょうか。個人的には一番おすすめの製品です。

Frienbr AIR

フレンバーAIR

おすすめの通販サイト

初期不良時の返品・交換保証もある、安心な「フレンバー公式サイト」がおすすめ。

お得な割引キャンペーンも!

その他の通販サイト

Frienbr AIRの詳しいレビュー記事はこちら

フレンバー CLOUD17

4つの製品の中では最も重量感があり、バッテリーの容量も大きく、長持ちします。煙(蒸気)の量も多く、リキッドの味もそれなりにしっかり出る、しっかり使えるのがフレンバーCLOUD17。

特に、長い時間吸いたいという方や、頻繁に使う方にはおすすめです。

フレンバーCLOUD17

しっかり使える反面、カートリッジ式なのでリキッドが入った「カートリッジ」を取り付けるだけで使用できてしまう、優れものです。

フレンバーCLOUD17カートリッジセット

この「カートリッジ」部分にリキッドを気化するための装置が入っているので、リキッドの注入やメンテナンスは一切不要です。

大容量なタンクとバッテリーのおかげで、長い時間、連続して吸い続けられます。
使いやすいけれど、煙の量やバッテリー容量も大きく、高級感のあるモデルと考えると分かりやすいですね。

実際に使ってみて感じた最大のメリットは、やはりメンテナンスが全く要らないということ。
アトマイザー(蒸気を作る気化装置)と一体式になったカートリッジは、大容量のリキッドが入った状態で販売されています。

フレンバーCLOUD17カートリッジ_マスカット

そして、この部分が消耗品なんですね。

フレンバーを4つとも使用した筆者ですが、長時間の仕事や事務作業の時に使うのなら、フレンバー CLOUD17はとても便利だと思います。

バッテリーや、カートリッジのリキッド容量が多いので、長時間連続して使用するにはもってこい。
もし、長時間の連続使用を考えているのなら、フレンバー CLOUD17がおすすめです。

それから、禁煙や減煙のためにフレンバー を購入しようとしている人にも、フレンバー CLOUD17がおすすめ。
なぜかというと、煙の量が多く、吸いごたえがあるからです。前に紹介したフレンバー AIRは、煙の量やリキッドの味が少なく吸いごたえは物足りないかもしれません。

フレンバー Cloud17

フレンバー CLOUD17の特徴

  • 他のフレンバー製品と比べ、煙(蒸気)の量が多い
  • リキッドの味もしっかり出る
  • バッテリーが大容量で、長時間使える
  • カートリッジが消耗品なので、メンテナンス不要

Frienbr Cloud17

フレンバーCloud17

おすすめの通販サイト

初期不良時の返品・交換保証もある、安心な「フレンバー公式サイト」がおすすめ。

お得な割引キャンペーンも!

その他の通販サイト

Frienbr CLOUD17の詳しいレビュー記事はこちら

リキッド補充式のフレンバー

次に紹介するのは、リキッドを補充するタイプのフレンバー 。
前にも説明した通り、リキッドを補充するタイプはメンテナンスやクリーニングに手がかかってしまうので、どちらかというとカートリッジ式の方が使いやすく、おすすめです。

ただし、リキッド補充式にも大きなメリットがひとつあります。それは、リキッドの種類が幅広く、いろんなフレーバーのリキッドから好きな風味を選べるという点です。

カートリッジ交換式のフレンバー の場合、選べるリキッドが2〜3種類しかありませんが、リキッドを補充するタイプなら数十種類から選べます。
フレンバー ブランド以外の製品を含まれば、選べるリキッドは無限です。

カートリッジ式は、フレンバーのブランドの中では新しいモデルですが、リキッド補充式はやや古いモデルとなります。

リキッド補充式のフレンバーには、以下の2つがあります。

フレンバーONE フレンバー STANDARD
フレンバーONE フレンバーSTANDARD
小さめサイズで持ち歩きに便利なモデル。 リキッドを入れるタンク部分が分解でき、メンテナンスがしやすいモデル。

2つの製品を、詳しく見ていきましょう。

フレンバー ONE

フレンバーONE

基本的な作りは「フレンバーSTANDARD」と変わりませんが、大きく変わるのはアトマイザー部分。アトマイザーというのはリキッドを入れて、蒸気を作り出す部分です。

フレンバーSTANDARDのように分解ができないので、アトマイザー部分を水洗いすることはできません。そのぶん、サイズを小さくすることに成功しているんですね。
分解できないと、メンテナンス・クリーニングが少々やりづらいですが、なるべく頻繁にメンテナンスをすることで長持ちさせることができます。

それ以外のスペックは、フレンバーSTANDARDとほとんど変わりません。煙の量やバッテリー容量も充分です。
見た目は、STANDARDよりもかなりスマートで、持ち歩きや普段遣いにはこの商品が便利そう。

フレンバーONE

見た目や質感はとてもオシャレで、スペックも申し分ありません。ただ、アトマイザーが水洗いできないので、長く使いたい方はなるべく小まめに綿棒などでタンク内をクリーニングすることをオススメします。

値段も安く、リキッド補充式の電子タバコにチャレンジしたい方には充分な製品と言えそうです。

フレンバーONEの特徴

  • 小型でスマートなのに、スペックはSTANDARDと同等
  • 電圧が3段階に調整できる(煙の量が調整できる)。
  • リキッドの種類が豊富(専用リキッドは17種類)。
  • 水洗いできない代わりに、綿棒などでクリーニングを。

Frienbr ONE

フレンバーONE

おすすめの通販サイト

初期不良時の返品・交換保証もある、安心な「フレンバー公式サイト」がおすすめ。

お得な割引キャンペーンも!

その他の通販サイト

Frienbr ONEの詳しいレビュー記事はこちら

フレンバー STANDARD

フレンバー STANDARD

名前の通り、フレンバーの4つの種類の中では、最もスタンダードな(電子タバコらしい)商品。
最も古い製品にもなりますが、部品交換の必要や、アトマイザー(気化装置)部分の定期的な水洗い(メンテナンス)は必要です。一般的な「ベイプ」製品と同じです。

メンテナンスも、慣れてしまえばそこまでややこしくありませんし、専門的な知識も必要ありません。

「コイル」部分が消耗したら定期的に交換する。そして、時々アトマイザー部分を水洗いするようにしていれば、長く使える製品です。

フレンバーSTANDARDのコイル

フレンバーSTANDARDのコイル

ちなみに、「コイル」などの交換部品は、フレンバーショップで販売されています。

フレンバーSTANDARDなら、バッテリー部分を含め、部品を交換しながら長く使えるので、慣れてしまえば最も長く使用できる、信頼できる製品と言えそう

そして、フレンバー専用リキッドだけでも17種類のリキッドが使えます。ドリップチップ(口にくわえる部分)を自分好みの物に交換することができるなど、「ちょっとこだわりたい!」という方には特におすすめ!

フレンバーSTANDARDの特徴

  • ほとんどの部品を交換できるので、長く使える。
  • ドリップチップを好きな物に交換できる。
  • 電圧が3段階に調整できる(煙の量が調整できる)。
  • リキッドの種類が豊富(専用リキッドは17種類)。
  • バッテリーも(使い方によるが)最低でも1日以上は持つくらい長持ち。
  • 定期的にコイルを交換する必要がある。

個人的には、水洗いや部品交換などの作業で製品に愛着が湧いてきますし、こうした作業がけっこう楽しく感じてしまいます。

こだわって使いたい!という方は、面倒がらずにぜひ試してもらいたい製品です。

Frienbr STANDARD

フレンバー STANDARD

おすすめの通販サイト

初期不良時の返品・交換保証もある、安心な「フレンバー公式サイト」がおすすめ。

お得な割引キャンペーンも!

その他の通販サイト

初めての方におすすめのフレンバーは?

ここまで、フレンバーの概要や、全ての種類の製品を説明してきました。

はじめて電子タバコを購入される方で、メンテナンスやクリーニングが必要なく、使いやすい製品は「フレンバーAIR」です
禁煙や減煙が目的で、吸い心地がしっかりしているのは「フレンバーCLOUD17」。

多少のメンテナンスは面倒に感じないという方や、たくさんのリキッドから好みのフレーバーを探したいという方は、「フレンバーSTANDARD」か「フレンバーONE」をおすすめします。

電子タバコ製品は初期不良が多く、フレンバー製品を購入する際は、メーカーの保証が受けられる「公式サイト」での購入をおすすめします。

フレンバーの購入は公式サイトが安心

  • 公式サイトなら、初期不良時も無償で交換
  • 購入毎にポイントが貯まる
  • 割引キャンペーンが頻繁に開催中

お得なキャンペーンをチェック!

公式サイトへ


サイトのおすすめ記事

電子タバコランキング 1

この数年で爆発的にユーザーが増えた電子タバコ。 紙のタバコの代用品として、ニコチンを含む「加熱式タバコ」も次々と新製品が ...

vapeのおすすめ 2

リキッドを蒸気(煙)に変えて吸い込む「ベイプ」。 専門用語が多く、購入前は難しそうなイメージがあったベイプですが、実際に ...

電子タバコおすすめメーカー 3

電子タバコを購入しようと思っても、製品やメーカーが多く、どの製品を選べば良いのか迷ってしまいます。 残念ながら、まだまだ ...

-ベイプ

Copyright© 電子タバコVAPEの選び方 , 2018 All Rights Reserved.