JUSTFOG C601Kit レビュー!注目のPOD型ベイプを徹底チェック

更新日:

JUSTFOG C601kit

小型で取り扱いが簡単な「POD型」ベイプ。新製品が立て続けに販売される中、気になっていたJUSTFOG C601を購入してみました。

ペン型のベイプで「味が濃い」と評判のFOG1など、コンパクトで高品質なヒット商品を次々と発売しているJUSTFOG社。
これまでの評判が上々なだけに、C601にも期待が高まります。

JUSTFOG C601の特徴

JUSTFOG C601kit

先日発売されたばかりのPOD型ベイプ、Aspire Nautilus AIOよりもひと回り小さなサイズ感の JUSTFOG C601

ポケットやTシャツ、バッグ等に取り付けるための「クリップ」が一体となっている、珍しいデザインをしています。

JUSTFOG C601kit

気になる味の濃さですが、先に感想を書いておくと、Aspire Nautilus AIOよりは薄味。しかし、味を濃く感じるリキッドなら充分に楽しめます。
ペン型やMODタイプと比較すれば、もちろん味が薄い部類に入りますが、このサイズ感や使用用途を考えると満足のいくレベルです。

味の濃さや煙の量など、実際に使用したレビューは後半で詳しく紹介しています。
まずは、この製品の概要と使用方法を順番に解説していきます。

JUSTFOGはどんなメーカー?

JUSTFOGは、ベイプでは珍しく韓国のベイプメーカーです。ベイプと言えば、ほとんど全てのメーカーが中国です。
JUSTOFOGも、設計やデザインは韓国で行っていますが、製造自体は中国にある自社工場で行われています。

ベイプメーカーの中では品質が高く、FOG1Q14など、ヒット商品をいくつも手がけています。

今回のC601、JUSTFOGでは「Minifit」に引き続くPOD型第2弾となる製品です。

POD型ってなに?

最近耳にすることが増えた「POD型」。リキッドを入れるタンクと、コイル部分が一体になった「POD」を交換しながら使います。

JUSTFOG C601

POD部分は、あくまで消耗品という位置付けで、洗浄などのメンテナンスは不要。

C601のPODはコイルが一体になっているため、コイル交換の必要もありません
別の種類のリキッドを使いたい場合には、「POD」を交換するだけ。サイズが小さく、持ち運びに優れています。

それでは、さっそくC601の使い方を説明していきましょう。

JUSTFOG C601の使い方

JUSTFOG C601

他のPOD型と同様、扱いはとても簡単。充電して、PODにリキッドを入れ、ボタンを押しながら吸う。大まかには、これだけの操作しか必要ありません。

付属品

付属品は以下の通り。

JUSTFOG C601

付属品

  • 本体
  • POD1個
  • 充電用USBケーブル
  • 説明書

本体には、ポケットやバッグに取り付けられる「クリップ」が付いています。これは取り外しは不可能で、本体と一体になっています。

JUSTFOG C601

クリップは可動式になっていて、好きな角度に動かすことが可能。

JUSTFOG C601 クリップの可動位置

充電

はじめに、本体を充電していきます。
付属のUSBケーブルを側面に差し込み、ケーブルをつないだらアダプターやパソコンなどで充電します。

JUSTFOG C601

充電中は本体のLEDボタンが点灯しています。

JUSTFOG C601

リキッドの補充

リキッドの補充は、PODの底にあるリキッド挿入口から行います。

JUSTFOG C601PODのリキッド補充口の蓋を取り外し、リキッドをPODの8割くらいまで注入。

JUSTFOG C601

JUSTFOG C601 リキッド補充

リキッド補充したら蓋を締め、コイルにリキッドが浸透するまで直立させた状態で2〜3分待ちます。

リキッドが注入できたら、PODを本体に差し込み、準備OK。

JUSTFOG C601 PODをセット

電源オン・吸引方法

電源を入れるには、本体中央にあるボタンを素早く4回押します。

JUSTFOG C601

電源が入ると、ボタンの LEDが数秒間点灯します。

電源がオンになったら、いよいよ吸引。
C601はボタンを押している間だけPODに通電して、リキッドが蒸気に気化されます。

本体の先をくわえて、蒸気を吸い込む間だけボタンを押すようにします。

JUSTFOG C601

ここまでが、C601の基本的な使い方です。

メンテナンス方法

JUSTFOG C601は、コイルとリキッドを入れるタンク(POD)が一体型になっているため、特にメンテナンスは不要。
これがPOD型の利点でもあります。

別のリキッドを使いたい場合や、コイルの味が落ちてきたら、新しいPODを買って取り替えることができます。

PODの寿命

JUSTFOG C601 POD

PODの寿命は使い方に左右されるので、はっきりとは言えませんが、毎日頻繁に使う方の場合、1週間前後で交換する必要があるはず(あくまで予想です)。

頻繁にリキッドを変えたいという方の場合、複数のPODを購入しておくと便利。リキッドごとにPODを使い分けることができます。

交換用ポットは、3つセットで 1,500円前後で販売されています。タンクとコイルがセットになっていると考えれば決して高くはありませんが、個人的にはそこまで安くもない印象です。

JUSTFOG C601を使ってみた感想

JUSTFOG C601

それでは、実際に JUSTFOG C601を使ってみた感想をレビューしていきたいと思います。

味の濃さ

JUSTFOG C601を使用する前に、同じくPOD型のベイプ「Aspire Nautilus AIO」を使用していたため、どうしても味の濃さを比較してしまいます。

JUSTFOG C601とAspire Nautilus AIO

比較すると、味の濃さではAspire Nautilus AIOの方が、JUSTFOG C601よりも濃い味が出ています

Aspire Nautilu AIOは、POD型とは言え、PODの中のコイルを交換できるベイプ。JUSTFOG C601のように、コイル一体型の PODではありません。

Aspire Nautilus AIOの詳しいレビューはこちら

しかも、Nautilus AIOに使用するコイルは、「Nautilusシリーズ」用のコイルを使用します。

ベイプに詳しい方ならすぐに察しがつくと思いますが、これまでAspire Nautilus2などで使われていたクリアロマイザーと同じコイルを使えます。

こうなると、JUSTFOG C601 と Nautilus AIOでは、そもそもコイルの大きさからして違います。味の濃さに関しては、Aspire Nautilus AIOの方が、味が濃いのは当然と言えば当然です。

では、JUSTFOG C601の味がそんなに薄いのかと言うと、そうでもありません。
味の濃いリキッドなら、問題なくフレーバーを感じますし、このサイズを考えると満足のいくレベルです。

サイズの大きなMOD型や、ペン型のベイプと比較すると味が薄いのは当然ですが、このサイズとPOD型ということを考えれば、充分な味の濃さ。
数年前のペン型のベイプと比較すれば、驚きに値する味の濃さと言えます。

煙の量

煙の量は、このサイズ感を考えると、「それなりにたくさん出る」という印象でした。

この小さいサイズなので、プルームテックと同じくらいの煙の量を想像していましたが、実際に吸ってみるとプルームテックの倍以上の煙の量が出ます。

とはいえ、煙の量が多すぎる印象はなく、喫煙所などで吸うにも目立ちすぎず、かといって少なすぎることもなく、程よい煙の量です。

ドロー(空気の重さ)

JUSTFOG C601

ドローの重さですが、いわゆるMTL(口吸い:マウス・トゥー・ラング)用に作られており、 紙巻きタバコを吸うのにとても近いくらいの重さです。

DL(直接肺に入れる吸い方:ダイレクト・ラング)には適していません。DLしようとすると、無理があるように思います。

MTLで吸った時の重さは「やや重め」といったところで、Aspire Nautilus AIOとほとんど同じくらいです。

Aspire Nautilus AIOはエアフロー(空気孔)の調節が可能ですが、このJUSTFOG C601はエアフローの調節ができません。この点はちょっと残念でもあります。

ドロー(蒸気を吸い込む重さ)は重めとは言え、「かなり重い」ほどではないので、紙巻きたばこくらいの重さが良いという人にはちょうど良いと思います。

口のフィット感

JUSTFOG C601

口にくわえた感じですが、ほとんど違和感がありませんでした。
平たい形状をしているので、口の形に合うのか気になっていたのですが、しっかり形状が計算されているようです。

同じPOD型でも、くわえた感じに違和感がある商品も中にはありますが、今回のJUSTFOG C601や、ライバル機種?の Aspire Nautilus AIOは、くわえた感じはとても自然。個人的には違和感を感じませんでした。

ドローは重めですが、この感じなら、ある程度までなら連続で吸い続けても、口が疲れることはないと思います。

質感

手触りや塗装の質感はなかなか良いです。ライバル機種、Aspire Nautilus AIOは、本体部分がプラスチックでできていました。正直に言えば、ちょっと安っぽい感じが否めません。

それに比べると、JUSTFOG C601は、小さいながらも本体部分はラバーコーティングされていて、手にしっくりと馴染みます。
本体の表面は、滑らかでしっとりした手触り。プラスチックよりは断然「高級感」があります。

ぱっと見は美容家電のようで、デザインの質も高いと感じました。

JUSTFOG_C601

クリップについて

JUSTFOG C601の最も特徴的なのが、クリップ部分。
ポケットやバッグに取り付けることができるのはもちろん、クリップを吸い口の上に移動させることで、カバーとしても機能するようです。

JUSTFOG C601

JUSTFOG C601

ただし、クリップは本体と一体になっているため、取り外しはできません。この点はちょっと残念です。

実際にクリップとして衣服に取り付けて使ってみた印象ですが、強度と柔軟性があって実用的。厚みのある衣服やバッグのポケットなどに取り付けても、折れたりすることはなさそうです。

JUSTFOG C601

個人的な感想を言うと、パンツのポケットの内側に入れる際や、バッグのポケットに取り付ける際には有効かもしれません。

ただし、これは個人的な印象ですが、正直に言えばクリップは無くても良いかなと思いました。クリップがあることによって、その分本体のサイズが大きくなり、厚みが生じます。

JUSTFOGの広告写真にあるように、Tシャツの襟に付けることなどは、私の場合は「まずない」と思います。
人によってはこうした使い方をするかもしれませんので、あくまで私としては、、ということですが。

総評・まとめ

味の濃さを考慮しても、POD型としては充分に実用できる範囲だと思います。

Aspire Nautilus AIOの方が味が濃かった印象ですが、今回のJUSTFOG C601はもう少しサイズが小さく、デザインやクリップ一体型であることを考えると、もっとカジュアルな用途の製品なのかもしれません。

個人的に気になったのが、吸い口のカバーについてです。
持ち歩き用のベイプとして使うことになると思うので、吸い口を覆うためのカバーが欲しかったです。

一応、クリップで吸い口を覆うことはできますが、隙間があるので完璧ではありません。

JUSTFOG_C601

気にならない人にとっては、なんでもないことだと思いますが、個人的には気になります。

PODにはシリコン製のカバーが付属しているのですが、これはあくまでも購入時の保護のための物だと思われます。

JUSTFOG C601

持ち歩く時には余分な部分が出てしまい、常用カバーとして使うのは現実的ではありません。

Aspire Nautilus AIOの場合、吸い口に蓋が取り付けられるので、清潔さが保たれます。
JUSTFOG C601も、できれば吸い口にカバーや蓋があれば、尚良かったのになと思いました。

それでも、コイルの交換が必要ない手軽さ。小型でカジュアルなデザインなど、機能的で手軽に使える工夫は魅力的。

POD型で、持ち歩きに適した手軽な製品を求めている方は、ぜひ試してみてください。

JUSTFOG C601

Aspire Pockex AIOの通販価格をチェック!

 


サイトのおすすめ記事

ペン型のベイプ 1

入門機というイメージも強い、ペン型のベイプ。 しかし、最近では充分に「煙の量」も「味」もしっかり出るペン型のベイプがたく ...

vapeのおすすめ 2

リキッドを蒸気(煙)に変えて吸い込む「ベイプ」。 専門用語が多く、購入前は難しそうなイメージがあったベイプですが、実際に ...

電子タバコおすすめメーカー 3

電子タバコを購入しようと思っても、製品やメーカーが多く、どの製品を選べば良いのか迷ってしまいます。 残念ながら、まだまだ ...

-JUSTFOG, ベイプ

Copyright© 電子タバコVAPEの選び方 , 2018 All Rights Reserved.