【プルームテック互換】Reciaz 2本入りをレビュー!

更新日:

Reciaz プルームテック互換カートリッジ

これまで、3種類のプルームテック用 互換バッテリーを実際に購入して試してきました。

今回4本目となる互換バッテリー「Reciaz」は、Amazonで販売されている プルームテック 互換バッテリー の中では、2本入りの製品としては、最もレビュー数が多く、評価も高い製品です(2018年3月現在)。

ちなみに、今回のReciazをのぞいて、個人的に最も良かったと思える互換バッテリーは、「GeeMo」というブランドの互換バッテリーでした。価格的には今回紹介する「Reciaz」と、ほとんど変わりません。

果たして、2つの製品にはどのような違いがあるのか?Amazonで1番人気(2本入り)の製品を実際に使ってみた感想と、他の人気商品と比較した感想をお伝えしていきます。

※4月19日追記:現在、AmazonではReciazが販売されていません。ほとんど同じ価格、仕様のGeeMoをおすすめします。

Reciazってどんな製品?

Reciaz プルームテック互換カートリッジ

まずは、この商品の概要から説明していきましょう。付属品は、本体が2本と充電器が1個。

Reciaz プルームテック互換カートリッジ

純正品の「プルームテック スターターキット」のように、専用ケースなどはついておらず、必要最小限の内容という印象。
気になる基本性能についてですが、他の互換バッテリー同様に、使い方やスペックなどはプルームテックの純正品と何も変わりません。

純正品同様、蒸気を吸い込むと先端の LED 部分が点灯するのはもちろん、50パフお知らせ機能(50回吸うと、たばこカプセルの交換時期をLEDで知らせる)も付いています。

この内容で、価格は1,500円を切ります(2018年3月現在)。

 

プルームテックの純正スターターキットが、4,000円(2018年3月現在)ということを考えると、破格の値段と言えます。

ただ、他のプルームテック互換バッテリーを見ても、だいたい同じような価格です。

実は、数ヶ月前まではもっと高額だったのですが、純正品のプルームテックの在庫不足が解消され始めたのに合わせて徐々に価格が下がってきています。

それから、今回は2本入りの製品ですが、1本のみの互換バッテリーなら、もう少し安く購入できます。

ちなみに、以前購入した2本入りの製品「GeeMo」ですが、こちらは充電器が2個ついていて価格は、 1,499円(2018年3月現在)です。

 

GeeMo プルームテック PloomTech 互換バッテリー 2本入り
GeeMo
販売価格 ¥1,599
(2018年3月5日時点の価格)
2本セットでお得な価格。価格以上のクオリティ!

 

どちらもほぼ同じ価格ですが、充電器が2個付属しているか、1個だけか、という違いがあります。

また、あとから詳しく説明しますが、純正品になるべく近い物を選ぶなら、Reciazは先端のLED部分の色合いが純正品とそっくりです。

Reciaz の使用レビュー!

Reciaz プルームテック互換カートリッジ

ReciazをAmazonで注文すると、 Amazon の配送センターから商品が送られてきました。
ちなみに、この製品は Amazon プライムに対応しているので、会員の場合は送料が無料の上に、すぐに届きます。

注文をして、私の住む九州まで届くのに、丸1日程度しかかかりませんでした。

届いた商品は、箱の上からビニールでパッキングされており、清潔感があります。
(互換バッテリーの中には、パッキングされずに届く物も多いです)

箱を開封してみる

Reciaz プルームテック互換カートリッジ

これまで購入した互換バッテリーと同様に、箱は簡易的なものです。

若干、小キズがあったのが気になりましたが、目立つようなものではありません。近づいて細かく見ていくと、わずかにスレや小キズが見えます。

Reciaz プルームテック互換カートリッジ

箱の素材は、厚紙のような素材です。黒い非光沢の箱で、正直に言うと、それなりの安っぽさを感じます(実際に安いので不満はないです)。

外観・見た目の印象

見た感じ、これまで購入してきた互換バッテリーの「BLIEST」や「GeeMo」とほとんど違いがありません。

下の2枚の写真の、左から順番に Reciaz、GeeMo、BLIEST です。

Reciaz プルームテック互換カートリッジ

Reciaz プルームテック互換カートリッジ

見た感じは、純正品のプルームテックとなんら違いはありません。
塗装の色合いや、手触り、重量感など、純正品と並べてみても、違いがあるとは思えません。

下の写真の、左からReciaz、純正のプルームテックです。

Reciaz プルームテック互換カートリッジ

あるとすれば、ロゴがあるかないか、くらいでしょうか、、。

充電器を手にとってよく見ると、わずかに小キズが見られました。

Reciaz プルームテック互換カートリッジ

ぱっと見た感じではわからない程度のものですが、細かい部分が気になる方なら、少し不満を感じるのではないでしょうか?

 

次に、本体の外観についてもう少し詳しくみていきます。

ここまで説明したように、基本的にはライバルの互換バッテリーや、純正品のプルームテックと全く変わりません。

ただし、ライバル製品で、私の中で最も評価が高かった「GeeMo」とは異なる点がひとつ見られます。それは、先端部分の色。
今回購入したReciazの先端部分の色は、銀色。GeeMoは黒色なんですね。

下の写真の左側がReciaz、右側がGeeMoです。

Reciaz プルームテック互換カートリッジ

先端部分の銀色は、純正品のプルームテックと似たような色合いです。
下の写真の、左がプルームテック、右がReciaz。

Reciaz プルームテック互換カートリッジ

見ての通り、純正品になるべく近いものがいいということなら、今回紹介するReciaz を選ぶと良いと思います。

Reciazでたばこカプセルを吸ってみた

さっそく、Reciazにカートリッジを取り付け、「たばこカプセル」を吸ってみました。

予想通りですが、これまでレビューしてきた互換製品と同様に、品質については全く問題ありません。

バッテリーは、210mAh。吸い込める回数は、250〜300回と、これも純正品と変わりありません。

蒸気を吸い込んでみると、先端のLED部分も、純正品と同じような光り方をします。青い光がすっと光り、うっすらと消えていく感じは、まるで純正品そのもの。

Amazonでの評価が高い理由も、とても納得がいきます。

Reciaz プルームテック互換カートリッジ

作り出される煙の量や、味の濃さについても、純正品と違いがあるとは思えません。

この製品だけで、充分プルームテックの代用品として使えます。

充電

ところで、この充電器、これまでに購入してきたGeeMoやBLIESTの充電器と全く同じ形をしています。

実は、ある程度予想していたこと。

下の写真の、左から順番に、Reciaz、GeeMo、BLIESTの充電器です。

Reciaz プルームテック互換カートリッジ

 

、、全く同じものですよね??

 

おそらくですが、製造元は同じ企業が作っているのではないでしょうか?
販売者こそ違えど、製造自体は(元請け企業が)同じ会社ではないか?ということです。

または、仕入れ先が同じなのでしょうか?詳しいことは分かりませんが。

ちなみに充電器に関して言えば、純正品のプルームテックと少し形状が異なります。正直に言って、充電器は純正品の方が塗装の質感が高いように思います。

下の写真の右側が、プルームテックの充電器です。

Reciaz プルームテック互換カートリッジ

ただし、使う上では互換品の充電器で全く問題なし。純正品と同じように機能します。

本体を取り付け、充電器をUSBの差込口に入れます。
充電中は、充電器のLEDが赤色に点灯。充電が完了すると、LEDが緑色へと変わります。

reciaz 充電器

商品説明には、充電時間は40分と書かれています。
純正品のプルームテックの充電時間は、カタログ上では約90分となっていますが、実際は60分程度で完了していると思います。

比較すると、Reciazの方が充電時間が早いということになりますが、実感としては「だいたい同じ」くらい。

保証は30日

プルームテックに限らず、電子タバコに故障はつきもの(残念ながら、電子タバコは故障が多いという印象です)。
今回の製品は、商品紹介に保証について書かれています。

reciaz 保証期間

画像:Amazon

不良品の場合、30日間の返品・返金保証がついているということ。
Amazonの「出品者に連絡(掲示板のようなもの)」から連絡できるんですね。

、、それにしても、画像にある「高級感のある専用化粧ケース」という言葉に違和感を禁じえません。

結局どれを買えばいいの?

Reciaz プルームテック互換カートリッジ

これまで、このサイトでは4つの互換バッテリーを実際に購入し、紹介したことになります。

しかし、これだけいっぱい互換バッテリーがあると、どれを購入すべきか迷いますよね。。

実際に使ってみた感想ですが、2本入っている製品が良いなら、今回紹介した Reciaz または、GeeMoという製品がおすすめです。
GeeMoの方が、充電器が2個ついてくるので、お得感はあります

※GeeMo の詳細は、以下の記事で詳しくレビューしています。

【プルームテック互換】GeeMo 2本入りをレビュー!

以前から気になっていた、プルームテックの「互換バッテリー」というものを初めて購入してみました。 正規品のスターターキット ...

続きを見る

この2つの製品は、Amazonで評価が高いのもおすすめできる理由ですが、やはり純正品のプルームテックと、ロゴ以外では何も変わらないというところが個人的に気に入っています。

妙なデザインが入っていたり、機能が異なるということもないので、純正品と全く同じように使えます。

「まだ純正のプルームテックを持っていない」という方も、正直に言うと、値段を考えると純正品を買う必要があるのかどうか、、、

実際に両方使ってみた私からすると、どちらも全く同じなのでは??と思わずにはいられません。

「2本は要らない、1本のみでいい」という方は、とにかく安価で最も評価の高い、BLIEST という商品がおすすめです。互換バッテリーでは「Amazon ベストセラー」に選ばれていました。

※BLIEST の詳細は、以下の記事で詳しくレビューしています。

プルームテック互換 BLIEST
【プルームテック互換】BLIESTのレビュー!格安でも充分使える?

プルームックの互換バッテリーは、すでに2機種購入済み。 今回購入したぶんを合わせると、合計4個も持っていることになります ...

続きを見る

プルームテックの互換バッテリーに関連する、以下の記事もぜひご覧ください!

「プルームテック 互換バッテリー」徹底比較!おすすめはこれ

プルームテックには、正規品よりも安価に購入できるサードパーティー(社外品)のバッテリー(互換バッテリー)が販売されていま ...

続きを見る

知らなきゃ損?プルームテックの互換品でここまでできる!

プルームテックの互換品といえば、「互換バッテリー」がよく知られていると思います。 純正品と全く変わらない見た目と機能です ...

続きを見る


編集部のおすすめ プルームテックの互換品 プルームテックの互換品 プルームテックの互換品

サイトのおすすめ記事

電子タバコランキング 1

この数年で爆発的にユーザーが増えた電子タバコ。 紙のタバコの代用品として、ニコチンを含む「加熱式タバコ」も次々と新製品が ...

vapeのおすすめ 2

リキッドを蒸気(煙)に変えて吸い込む「ベイプ」。 専門用語が多く、購入前は難しそうなイメージがあったベイプですが、実際に ...

電子タバコおすすめメーカー 3

電子タバコを購入しようと思っても、製品やメーカーが多く、どの製品を選べば良いのか迷ってしまいます。 残念ながら、まだまだ ...

-プルームテック

Copyright© 電子タバコVAPEの選び方 , 2018 All Rights Reserved.