プルームテックってどんなの?他の電子タバコとの違いは

更新日:

2018年に全国で販売される予定のプルーム・テック(Ploom TECH)。

現在では東京や福岡の一部店舗、またはPloomオンラインショップで販売されており、なかなか手に入りにくい話題の製品です(2018年1月現在)。

ここ最近では、Ploomオンラインショップの品薄が徐々に解消され、今後はコンビニやタバコ店でも手軽に購入できるようになるはずです。

紙のタバコや他の電子タバコと比較しても、圧倒的に匂いが気になりにくく、スマートで使いやすい。

プルームテックは、他の電子タバコとは見た目も使い方も全く異なります。

この記事では、プルームテックについてよく知らないという方のために、この商品の特徴や基本的な情報をお伝えします。

また、筆者が実際に2週間以上使ってみた感想や、ライバル製品との違いについても一通りお伝えしていきます。

プルームテックについて知りたいという方は、ぜひ最後までご覧ください!

※この記事は、2018年1月時点での最新の情報を掲載しています。

プルームテックとはそもそも?

プルームテック(Ploom TECH)

プルームテックは、JTが販売する加熱式タバコです。

一般的には「電子タバコ」と呼ばれていますが、JTのPloomオンラインショップを見ると「専用のたばこカプセルのみが使用できる、タバコ用具」と記載されており、「電子タバコとは異なる」とも書かれています。

このサイトでは、一般の方の呼び方に合わせて、プルームテックも「電子タバコ」や「加熱式タバコ」として紹介しています。

たばこカプセルを入れて使う、新しい喫煙具

最近では、日本国内でも様々な種類の電子タバコ、いわゆる「ベイプ」関連グッズが販売されています。

しかし、そのほとんどはニコチンを使用せず、あくまでフレーバー(様々な風味の蒸気)を味わうためのもの。

プルームテックは、アイコス、グローといった製品と同様に、ニコチンが含まれる喫煙具です。

当然ながら紙のタバコと同じく、20歳以上の成人でなければ購入できません。

ちなみに、アイコスやグローは海外のタバコメーカーが開発・販売する製品ですが、プルームテックは日本のJT(日本たばこ産業株式会社)独自の製品です。

プルームテックの販売情報

話題性の高いプルームテック。そのため、とても手に入りにくいのが実際のところ(2018年1月現在)。

ネットオークションや個人取引では、定価よりも割高で販売されており、やや過熱気味なようにも見えます。
まずは、おすすめの購入場所や価格について簡単に紹介していきます!

今購入するなら、公式オンラインショップ!

東京、福岡の一部を除いて、実店舗ではまだ販売されていないプルームテック。
店舗の購入も、ほとんどが事前予約が必要です。

東京ではコンビニでも販売され始めていますが、まだまだ品薄のため、なかなか手に入らないことも多いのではないでしょうか。

 

そんな中、なるべく確実に、そして定価で購入したいなら、今のところPloomオンラインショップが最も確実と思われます。

オンラインショップ

※画像:Ploom オンラインショップ

ただし、購入から到着までには約1週間程度要するようです。

また、Ploomオンラインショップで購入するには、年齢認証のために会員登録をする必要があります。

ちなみに、筆者もPloomオンラインショップで購入しましたが、別段難しく感じることはありませんでした。

Ploomオンラインショップでは、本体だけでなくタバコカプセルやアクセサリーも販売されています。

時々売り切れになることもありますが、ここ数ヶ月は在庫も安定してきているようで、以前のような予約の必要もありません。

もちろん定価通りで購入できますし、時には割安なセット販売なども実施されています!

購入を検討している方は、まずJT公式のPloomオンラインショップを確認してみることをおすすめします。

プルームテックの価格

PloomTECH スターターキット

プルームテックを初めて使用する場合、まずはスタータキットと呼ばれる「本体セット」を購入する必要があります。
スターターキットには、以下のような付属品が含まれています。

PloomTECH スターターキット

スターターキットの付属品

  • 本体(バッテリー)
  • USBチャージャー
  • ACアダプター
  • キャリングケース

スタータキットの価格は4,000円。ライバル製品よりも安い価格設定と言えます。

プルーム・テック 4,000円(税込)
アイコス 10,980円(税込)
グロー  4,980(税込)

※価格は2018年1月時点のメーカー公式サイトの定価を参考にしています。

ちなみに、スターターキットには、たばこカプセルは含まれていません。

たばこカプセルは、その都度購入する必要があります。

たばこカプセル

たばこカプセル1箱に、5カプセルが入っており、 紙のたばこ1箱よりちょっと多いくらいの量が吸えます。

たばこカプセルを購入すると、「カートリッジ」と呼ばれる部品が1本同梱されています。

カートリッジには、「リキッド」と呼ばれる液体が入っていますが、リキッドはたばこカプセルから蒸気を作り出すために必要なもの。

プルームテック カートリッジ

このカートリッジは使い捨てなので、1箱毎に捨てるという使い方をします。

カートリッジ1本で、たばこカプセル5個分がちょうど使えます。

たばこカプセルの価格は、1箱で460円(税込)。

実際に筆者が試してみても、たばこカプセル1箱で、紙のタバコ20本分以上は吸えた感じがします。

紙のタバコと比較すると、「ややお得」と見ることもできるかもしれません。
ただし、紙のタバコとは異なり、本体を購入する必要があることを考慮すると、どちらがお得なのかは実際のところはなんとも言えません。

たばこカプセルは、現在のところ5種類のフレーバーが販売されています。今後も、徐々に種類が拡充されていくはずです。

プルームテック たばこカプセル5種類

それぞれのたばこカプセルの風味については、後半で説明しています。

紙のタバコとどう違う?

プルームテックが紙のタバコと大きく異なる点は、火を使わないということ。

火を使わず、煙が出ないために、これまでのタバコのデメリットを大きく変えてしまったのです。

圧倒的に匂わない!

筆者としては、電子タバコの最大のメリットはここなのでは?と思っています。

これまで紙のタバコを吸ってきた人にとっては、まさに目からウロコ!
プルームテックを吸った後で人に会っても、タバコを吸っていたことには気付かないはず。

紙のタバコだと、どんなに隠そうとしても匂いをごまかすことはできませんでした。口臭、服の匂い、部屋の匂い、全てにおいてです。

部屋の匂いがどれくらい臭わないかというと、例えば3〜4畳の狭い部屋で、しばらくプルームテックを吸っていたとします。
その直後に人が来ても、プルームテックを吸っていたことには全く気がつかないくらいです。

これは、特に接客業をしている方にとっては強い味方になるのではないでしょうか?

ちなみに、ライバル製品のIQOS(アイコス)と比較しても、プルームテックの方が匂いは気になりませんでした。

壁紙の色を気にしなくて済む!

喫煙エリア

昔ながらの喫煙所に行くと、周りの壁紙が真っ黄色!

そこに近づくだけでも、「上着に匂いがついて取れなくなるのでは?」と気になりませんか?

もし、全てのタバコがプルームテックなどの電子タバコに変わったとしたら、状況は全く変わってくると思います。

火を使わないプルームテックなら、当然ですが煙が出ません。

タバコの葉を燃焼させる時に発生する、「タール」が出ないので、壁紙が黄色く変色することも、匂いがこびり付いて取れなくなることもないのです。

歯に「ヤニ」が付かない!

歯

タールが出ないということは、喫煙者に共通する悩み「歯が黄色く変色する」という問題も起こりません。

喫煙者の歯が黄色く変色することを、「ヤニが付いた」と言いますよね。

ヤニというのは、歯の表面に付着したタールのこと。そもそもタールが出ないプルームテックなら、ヤニの付着を心配する必要もないのです。

灰皿とさようなら!車内で快適に喫煙

灰皿

火を使わないということは、もちろん灰皿も不要です!

紙のタバコを吸っていた時のように、いちいち灰皿を探す必要はありませんし、灰皿を携帯する必要もありません。

運転中に喫煙される方は、灰が落ちたり、火種がシートの上に落ちてしまう危険性も無くなります。

車内で喫煙していた方にとっては画期的なことですよね?!

紙のタバコよりも刺激が少ない?

プルームテック

筆者が初めてプルームテックを吸った瞬間の感想は、正直なところ「ちょっと物足りない..」でした。

もともと、紙のタバコを長年吸っていた筆者。煙を吸った時の独特の香ばしさや、口から喉へ通り抜ける刺激は、やはりタバコの葉を燃やさなければ得られません。

紙のタバコに慣れていた人ほど、最初は電子タバコに違和感を覚えるのでは?

「蒸気」と「煙」はそもそも別のもの。
そう考えると「全く別のものだから仕方がない」と割り切れる部分はあります。

ニコチンを摂取する満足感ありますが、紙のタバコと同じ刺激をプルームテックに求めてしまうと、やはり重厚感や刺激が少ないと感じてしまうかもしれません。

充電と寿命の問題

電子タバコはやはり電化製品。

充電が切れてしまうと、どうやっても吸えません。

紙のタバコのように、喫煙室で居合わせた人にライターを借りる、、という訳にもいきません。

ヘビースモーカーなら予備のバッテリーは必須!

外回りの仕事ならモバイルバッテリーを、車での移動が多いなら、シガーソケットから充電できるアクセサリを購入しておくと便利です。

モバイルバッテリー

タバコと違って健康的なの?

電子タバコは紙のタバコより健康被害が少ない!という言葉をよく聞きますよね。

しかし、これも一概にそうとは言い切れません。

世に出回り始めて日が浅い電子タバコ関連製品。健康への影響はまだまだ未知数と言わざるを得ないのです。

Ploomオンラインショップでは、紙のタバコと比較してどれほど健康懸念物質が軽減されているか、詳しく紹介されています。

健康懸念物質が、99%も軽減?!

Ploomオンラインショップでは、外部調査機関による健康懸念物質の測定結果が公表されています。

それによると、WHOがタバコの含有量から「低減すべき物質」として指定している9つの有害物質が、なんと99%も削減されているとのこと。

この9つの物質には、発がん性物質としても知られている、ベンゾピレン、ベンゼン、ホルムアルデヒド、排気ガスにも含まれる、一酸化炭素
毒性があり、発がん性も疑われる、アセトアルデヒドなどが含まれています。

いずれも、紙のタバコの煙には含まれている物質です。

そもそも、燃焼時に生じるタールが発生しないため、紙タバコと比べれば、これらの有害な物質が減っていることは明らかなのかもしれません。

参照:JT Ploom TECH
参照:e-ヘルスネット

ただし、これは紙のタバコの有害物質を基準に考えられたもの。

電子タバコのような新しい製品の場合、紙のタバコとは全く異なる、これまでとは違う新しい検査方法が必要になるのかもしれません。

紙のタバコも、最初は健康被害が起こるなど、予想もされていませんでした。

長い時を経て、多くの喫煙者から統計を取り、初めて人体にどのような影響を与えていたのかが分かったのです。

プルームテックだけでなく、全ての電子タバコも、今後長い時を経て喫煙者の身体に何が起きるのかが分かります。

今の時点では何も分かっていないということ。

そして、そもそもニコチンを摂取する「喫煙」という行為自体、健康には悪影響を及ぼすということは確かなことです。

以上のことを理解した上で、喫煙するかどうかは本人の意思に委ねられます。

受動喫煙の心配は?

受動喫煙

ここまで説明してきた通り、プルームテックを含む電子タバコの健康被害はまだまだ未知数です。

受動喫煙についても、匂いや煙は明らかに減っていますが、健康に与える影響ははっきり断言できるような段階ではありません。

プルームテックを実際に吸ってみると、これまでの紙タバコのように匂いが全くせず、煙が室内に残ることもありません。

Ploomオンラインショップでは、受動喫煙について参考になるような、以下の実験結果が紹介されています。

100平方メートル(10m×10m)の室内で、50人の人に1時間プルームテックを吸ってもらう(だいたい30秒に1回吸う)。
その結果、空気環境にどのような変化が起きるのか?

参照:Ploomオンラインショップ

この実験を紙のタバコでやるとしたら、、ちょっと想像もしたくないですよね。

100平方メートルと言えば、ファミレスのような店舗が想像できます。
そこで、50人が一斉にたばこを吸い続けたら、、たとえ喫煙者でも、眉間にシワが寄りませんか?

 

しかし、プルームテックでは、室内に煙がこもるようなこともないようです。
見た目も、匂いも、ほとんどタバコを吸っているという感じがしません。

さらに、物を燃焼した時に発生する浮遊粉じん濃度一酸化炭素の濃度も、ほぼ変化しなかったということです。

つまり、実験環境のような状況でさえ、空気は汚れていなかったということになるわけです。

 

ただし、この実験も、あくまでも紙のタバコを基準にした実験結果であることは確か。

疑い深い人は、これまでの基準ではなく、さらに微細な健康懸念物質ではどうなのだろうか?と考えてしまうのではないでしょうか(私はそう考えたのですが)。

電子タバコと身体に与える影響については、良い情報も悪い情報も溢れかえっています。

喫煙に良いイメージを持たない人とそうでない人との間で、感情的な隔たりもあり、ネット上の情報はどちらか極端なようにも見えます。

筆者としては、周りに非喫煙者がいる環境での喫煙は、例え匂いや煙が出ないプルームテックでも避けるべきと考えています。

個人的には、たとえプルームテックであっても、やはり喫煙は喫煙所で、、というふうにしています。

プルームテックで喫煙時間が増えた理由

プルームテック(Ploom TECH)

これも個人の感想ですが、プルームテックを吸い始めてから、紙のタバコ以上に喫煙時間が増えました。その理由は、3つ。

やめ時が分からない

紙のタバコのように、「一本吸ったら終わり」という基準がないので、満足感が得られるまで吸い続けてしまうのです。

筆者の場合、結果として一度に吸う時間が、紙のタバコ以上に長くなってしまいます。

みなさん、やめ時はどうされているのでしょうか??

匂いを気にしなくて良い=吸ってもバレない

煙や匂いを気にしなくて良いということは、誰も居なければ室内で吸っても分かりません。

トイレで隠れて吸ったとしても、きっとバレないと思います。

そうなると、これまで吸えなかった自宅や車内などでも、「ついつい」吸ってしまい、喫煙量が増えてしまいます。

筆者の場合、匂いや汚れ、火種が落ちる危険性を考え、これまで車内では喫煙をしていませんでした。

しかし、プルームテックなら同乗者が居ない限り、車内で吸っても何も問題はありません。

紙のタバコに比べて軽い

もう1つの理由は、紙のタバコと比べると、やや軽く感じてしまうからです。

タールが入っていない分、重いずっしりとした感じがあまりなく、満足感を得るためについつい連続で吸ってしまいます。
しかもやめ時が分からないので、なおさらですね。

 

紙のタバコよりは多少は健康に良いかも?という理由で始めたプルームテックですが、喫煙量が大幅に増えるようでは、身体にも財布にも優しくありませんね。

この点、筆者の場合は自制が必要です。

プルームテックの使い方

次に、プルームテックの基本的な使い方を簡単にご紹介します。

使い方と言っても、プルームテックの使い方は難しいものではありません。
電子タバコを初めて使うという方でも、すぐに扱うことができるはずです。

詳しい使い方については、別の記事で詳しく紹介していますので、ここでは使い方を短くまとめた動画で説明します。

もっと詳しい知りたい!という方は、以下の記事で詳しく使い方を紹介しています。

プルーム・テック(Ploom TECH)
プルームテックの使い方を徹底解説!2分で分かる簡単動画も

プルームテック(Ploom TECH)は、これまで紙のタバコに慣れ親しんできた方でも簡単に使える製品です。 電子タバコを ...

続きを見る

プルームテックならではの特徴とは?

現在主流の加熱式電子タバコと言えば、やはりアイコス(IQOS)。そして、最近発売されたばかりのグロー(glo)も、徐々に普及してきていますね。

アイコスとグロー

これらの製品とは、形からして全く異なるプルームテック。

ここからは、実際にプルームテックを使用した筆者の感想と合わせて、プルームテックの特徴と、他社製品とは異なる点をご紹介していきます。

細くて軽くて、スマート!

まずは、その見た目と大きさから。見ての通り、プルームテックは他社製品と比較して細長い製品です。

一式をケースに入れて持ち運ぶことを考えると、細長くてコンパクトに分解できるプルームテックはとても助かります。

プルーム・テックの付属ケース
上着のポケットにスッキリ収まり、違和感があまり無いのも、やはりプルームテックです。

上着とプルームテック

アイコスは、モバイル充電機とケースが一体になった、「ポケットチャージャー」と呼ばれるケースに入れて持ち歩くことになると思いますが、やや厚みと重さがあります。

アイコスと上着

スマートな大きさと持ち歩きやすは、やはりプルームテックに軍配ということで、きっと異論はないと思います。

待たずに吸える!吸いなおせる!

喫煙者にとって有り難い特徴を1つ!それは、プルームテックは「待たずに吸える」ということ。

ライバル製品であるアイコスやグローは、ヒートスティック(グローではネオスティック)と呼ばれるタバコスティックを本体に挿し、本体が温まるまで20〜40秒待たなければいけません。

それに比べて、プルームテックは加熱時間を待つ必要がありません。
充電さえしていれば、タバコカプセルをセットしてすぐ吸い始めることができるのです。

さらに有り難いことに、プルームテックは一度喫煙を止めて、もう一度吸いなおすことも可能!

アイコスやグローは、一度吸い始めたタバコスティックを途中で取り出して吸い直すと風味が全く変わってしまいます。

それに加えて、タバコスティックも崩れてしまうため、「もう一度吸い直そう」という訳にはいかないのです。

アイコス

その点プルームテックなら、喫煙を途中で止めて何度でも吸い直すことができます。

筆者としては、これは大きなメリットだと感じています。

他社製品よりも匂わない

もともと匂いがほとんど無い電子タバコ製品。

アイコスやグローも、紙のタバコと比較すると「もはやタバコとは言えないのでは?」と唸ってしまうくらいに煙も匂いも感じません。

プルームテックはどうかと言うと、「副流煙の匂い」「吸った後の口臭」の両方で、他社製品よりも匂いが少ないように感じます。

実際に匂ってみると、プルームテックのたばこカプセルの匂いは、アイコスやグローと比べてもさらに「タバコらしい匂い」がありません。

アイコスやグローのタバコスティックは、見た目も紙のタバコに近いですが、味も匂いも、プルームテックに比べてやや紙のタバコに近い印象です。

プルームテックの風味

「紙のタバコとどう違う?」の項目でも紹介しましたが、プルームテックを吸ってみた第一印象は「紙のタバコよりも喉を通る刺激や重さをほとんど感じない」ということ。

個人的には、プルームテックのたばこカプセルを試してみると、紙のタバコに風味を近づけるよりも、電子タバコならではの新しいフレーバーを開発しようとしているように見えてしまいます(それはそれで歓迎しています)。

実際に、現状で販売されているフレーバーは、他社の製品よりも爽やかで香り高いフレーバーがラインナップされています。

プルームテック、5つのフレーバー

PloomTECH 5つのたばこカプセル

2018年1月現在、プルームテックには5つのフレーバーが販売されています。
そのうち2つは、本来の紙のタバコの風味に近づけたラインナップです。実際に見ていきましょう。

メビウス・レギュラー フォー・プルーム・テック

メビウス・レギュラー フォー・プルーム・テック

いわゆる、レギュラータイプのタバコフレーバー。余計なアロマフレーバーなどは不要、という方はこちらを購入してください。
メビウス・メンソール フォー・プルーム・テック

メビウス・メンソール フォー・プルーム・テック

こちらも、メンソール風味のタバコフレーバー。ライトですっきりとした風味です。
そして、プルームテックならではのアロマフレーバー。人によって好みがあると思いますが、筆者としてはこちらも好きな味わいです。
メビウス・レッド・クーラー フォー・プルーム・テック

メビウス・レッド・クーラー フォー・プルーム・テック

やや甘みのある、アップルミントフレーバーの風味。フルーティーですが、わずかな酸味とメンソールのすっきりとした味わいです。
メビウス・パープル・クーラー フォー・プルーム・テック

メビウス・パープル・クーラー フォー・プルーム・テック

ベリーミントのフレーバー、と説明が書いていますが、ブルーベリーのような香りとメンソールのすっきりとした風味です。
メビウス・ブラウン・アロマ フォー・プルーム・テック

メビウス・ブラウン・アロマ フォー・プルーム・テック

独特のカフェモカ風味。甘さを感じますが、確かにコーヒーのようなまったりとした感じがします。

タバコと同じような刺激、重みは味わえるの?

さて、ここまで読んで、紙のタバコを長い間吸っていた方がまず気になるのは、「プルームテックは紙のタバコの代わりになるのか?」ということではないでしょうか。

ずっしり感が欲しいなら、アイコスを

アイコス

筆者の意見ですが、重くてずっしりとした煙の重厚感を求めているのなら、プルームテックは少し物足りなく感じてしまうと思います。

タールやニコチンの含有量が高いタバコを吸っていた方には、あまりおすすめできないというのが、率直な意見です。
そういう方は、アイコスの方がもう少し紙のタバコに近い感覚を得られるかもしれません。

新しい風味、ライトでアロマ感覚なプルームテック

いわゆるアロマ系のフレーバーを好んで吸っていた方は、プルームテックとの相性は良いと思います。

ただ、プルームテックの新しいフレーバーは、全く新しい感覚。
これまでのアロマ系の紙タバコとは異なる感覚が得られます。吸ってみなければ合う合わないが分かりません。

吸わず嫌いをせず、できれば両方試すことをおすすめします。

筆者自身は、メンソールもアロマ風味もない、レギュラー味の紙タバコを長年吸っていました。

実は、これまでアロマ系やコーヒーフレーバーなどの紙タバコについては、マイナスのイメージしかありませんでした。

独特の甘さが、吸った後になんだか気持ち悪い、、というのがこれまでの感想です。

しかし、不思議とプルームテックのアロマ系、コーヒー系のフレーバーは、そんなに悪くない(というより好み)な気さえしています。

これは全く新しいフレーバーと考えた方が良いかもしれません。

もしかすると、紙のタバコを燃焼した時の雑味が無くなり、タバコの葉とフレーバーの風味をクリアに感じることができるからなのかもしれません。

ぜひ、試してみてください!

プルームテックはアクセサリーが豊富!

ここまで、プルームテックの特徴を紹介してきましたが、忘れてはいけないのがアクセサリー。
挙げればキリがないほど、プルームテック専用のアクセサリーがどんどん発売されています。

メーカー純正の物からそうでない物まで、魅力的な製品が沢山販売されています。

Ploomオンラインショップ の中だけでも選ぶのが楽しく、一見の価値があります!

アクセサリーは無限に販売されていますので、ここでは注目のアクセサリーをサラっと紹介しておきます。

新しい製品もどんどん発売されていますので、ネットショップなどを覗いてチェックしてみてください。

プルームテック専用ケース

「キャリーケース付き」のスターターキットを購入すると、付属の布ケースが付いてきます。

付属ケース

これでも充分なのですが、プルームテックの公式オンラインストアでは、様々な純正ケースが販売されています!

筆者が欲しいのは、純正のハードケース。しかし、今のところいつ除いても売り切れ続出中で、なかなか手に入りません。。

ハードケース

画像:Ploom オンラインショップ

重厚感のあるハードケースには、本体とカートリッジを切り離してすっぽりと収めることができます。

他にも、レザーケースやペンホルダーのような形をしたケースなど、趣向を凝らしたケースが多数販売されています。

 

以下は、筆者がAmazonで見つけたPloom TECH用の気になるケースです。

ploomtechケース

画像:Amazon
Ploomtech_case

画像:Amazon

ペンホルダー型のケースは、カートリッジを装着したまま持ち歩くことができるようです。とてもスマートな印象で便利そうですね。

マウスピース

こちらは、筆者としては是非とも試して欲しいマウスピース。水洗いができて清潔な上に、机に置いても転がらない、何よりもくわえた感じがとてもしっくりきます。

プルームテック マウスピース

純正のマウスピース以外にも、Amazonを見ると社外品のマウスピースまで販売されています。

是非チェックしてみてください。

スタンド

こちらも筆者おすすめ、プルームテック専用の卓上スタンドです。スタンドも、様々な種類の物が販売されています。

下の写真は、筆者が購入した木製の「プルーム・テック・ウッドスタンド ウォールナット」

プルーム・テック スタンド

Ploom オンラインショップで販売されていますが、机の上にしっくりと馴染み、仕事をしながら喫煙が可能な方なら重宝しそうです。

見た目も目に優しいというか、ウォールナット素材の質感は見飽きることがありません。雑貨好きにもおすすめ!

互換製品

この他、様々な互換品もAmazonなどで販売されています。例えば、本体(バッテリー部分)や、カートリッジもそうです。

「プルーム・テック 互換バッテリー」「プルーム・テック 互換カートリッジ」という呼び方で販売されています。

純正品と比べて安いということは嬉しいですが、やはり口に入れて使う物。
安全性と信頼性を充分に考えて購入したいですね。

さいごに(この記事のまとめ)

ここまで、プルームテックの概要から一歩踏み込んだ情報までをご紹介してきました。

ここまでの内容を、簡単におさらいしておきたいと思います。

プルームテックは、ニコチンを含むJTの加熱式タバコです。
2018年1月現在では、東京、福岡の一部の販売店やコンビニなどを除き、まだまだ手に入りにくい商品です。

定価で確実に購入する方法は、オンラインストアでの購入。焦らずに入手しましょう。

プルームテックの特徴は、細くてスマート、そして待ち時間がなく吸えることと、匂いが少ないという点もライバル製品と比べて大きな強みですね。

フレーバーはややライトな感じ。
できるだけ紙のタバコに近い感じが良いという方は、アイコスも検討すると良いでしょう。

アクセサリーの購入も、プルームテックを楽しむ上では欠かせません!
今後も様々なアクセサリーが販売されることは間違い無いでしょう。

筆者がしばらく使用してみて感じたことですが、プルームテックの最大のメリットは、やはり匂わないことです。

そして、火を使わず灰が出ないことも見逃せ無いメリット。

何より、「タバコで周囲の人達に迷惑を掛けたくない」という気持ちがあった筆者は、プルームテックに変えて良かったと感じました。

一方で、メリットがデメリットになったと感じるのは、ついつい吸いすぎてしまうこと。

「やめ時が分からない」「匂わない」「紙のタバコより健康的」を言い訳に、ついつい吸い過ぎてしまうという事態は避けたいものです。

ここは、喫煙者の自制が求められますね。


編集部のおすすめ プルームテックの互換品 プルームテックの互換品 プルームテックの互換品

サイトのおすすめ記事

ペン型のベイプ 1

入門機というイメージも強い、ペン型のベイプ。 しかし、最近では充分に「煙の量」も「味」もしっかり出るペン型のベイプがたく ...

vapeのおすすめ 2

リキッドを蒸気(煙)に変えて吸い込む「ベイプ」。 専門用語が多く、購入前は難しそうなイメージがあったベイプですが、実際に ...

電子タバコおすすめメーカー 3

電子タバコを購入しようと思っても、製品やメーカーが多く、どの製品を選べば良いのか迷ってしまいます。 残念ながら、まだまだ ...

-プルームテック

Copyright© 電子タバコVAPEの選び方 , 2018 All Rights Reserved.