FLEVO(フレヴォ )電子タバコのレビュー - 手頃な値段と使いやすい

更新日:

FLEVO レビュー

「電子タバコ」と検索すると、Amazonで一番最初に出てくるのが、このFLEVO(フレヴォ)。

豊富な資金力を持つ、DMMグループが世に送り出した電子タバコ。知名度も高く、Amazonではカテゴリの中で驚異的な販売数を誇る、人気の電子タバコです。

見た感じは、よくあるスティックサイズの電子タバコ。まさに紙巻きタバコと同じような色とサイズ感で、禁煙や節煙のために電子タバコを購入しようとしているユーザーにとって、気になる存在ではないでしょうか?
もちろん、一般的な電子タバコと同じように、ニコチンやタールは含まれていません

そして、驚くべきは安価な価格設定。2018年8月現在、1セット税込 1,058円。(Amazonでは税込 954円)という低価格で販売されています。

FLEVO

画像:FLEVO 公式サイト

気になるのは、Amazonでの評価を見ると、レビュー件数はダントツで多いにもかかわらず、評価自体は約3.5。「まあまあ良い」くらいに留まっています。
一体なぜでしょうか?その理由は、「味の濃さ」にありそうです。

実際にFLEVOを購入してみたので、使い心地や味、カートリッジの種類などをレビューしていきたいと思います。

スポンサーリンク

FLEVOを使ってみた感想(レビュー)

FLEVOには、白と黒、2種類のカラーが発売されています。

FLEVO

画像:FLEVO 公式サイト

Amazonで購入すると、次の日には配送されてきました。開封すると、以下の付属品が同梱されています。

FLEVO

付属品

  • 本体1本
  • 交換カートリッジ2本
  • USB充電器
  • 説明書
  • 保証書

交換カートリッジのフレーバーは、メンソール × 1本と、タバコフレーバー × 1本。
では、さっそく使ってみましょう。

使い方はとても簡単

使い方はとても単純です。まずは、付属の USB 充電器で本体(バッテリー)を充電しておきます。充電器に差し込んだら、パソコンやUSB アダプターで充電を開始。

FLEVO

充電が完了したら、付属のカートリッジを差し込みます。これで準備が完了。

FLEVO

カートリッジ側を口にくわえ、タバコを吸うように息を吸い込みます。空気を吸う時の力の強さ(ドロー)は、紙巻タバコとほとんど同じ。
カートリッジ1本あたり、約240回吸引できます。

FLEVO

息を吸い込んでいる間だけスイッチが入り、通電されます。カートリッジに入っているリキッドが加熱され、味のついた水蒸気(煙)が出てきます。
水蒸気(煙)の量や色は、見た感じ、紙巻きタバコの煙とよく似ています。

FLEVO

電子タバコ(ベイプ)を吸ったことのある方はご存知の通り、この水蒸気は、いわゆる水を沸かした時に出る普通の水蒸気とは全く異なります。

煙のキメは細かく、白っぽい色をしていて、タバコの「煙」とよく似ています。ちょっと離れて見ると、本物のタバコを吸っているようにさえ見えます。写真のとおり、それなりに水蒸気の量が出ることが分かります。

それでは、カートリッジの「味」についてはどうでしょうか?レビューしていきます。

スポンサーリンク

FLEVO カートリッジの種類と味の感想

事前に書いておきたいのですが、FLEVOと同じような「スティック型」の電子タバコは、本物のタバコと比較すると、どうしても味が薄めになってしまいます。

サイズの大きい一般的な「ベイプ」は、味が濃いのが特徴です。スティック型の電子タバコは、そこまでの濃い味は期待できません。
という前提で、私なりにそれぞれのカートリッジを吸ってみた感想を紹介しておきたいと思います。

flevo カートリッジ

画像:FLEVO 公式サイト

今回試してみたカートリッジは、3つ。

  • メンソール
  • タバコ
  • ビタミンベリー

これ以外にも、以下のフレーバーが販売されています。

  • ライムメンソール
  • フルーツミックス

メンソール

メンソール

メンソールフレーバー、 ちょっと味が薄い感じが否めません。清涼感はかなり少なめです。
「メンソール」味に期待するのは、煙を吸い込んだ時、そのあとに口の中や喉に広がる、ひんやりした「清涼感」ではないでしょうか。残念ながら、FLEVOのメンソールフレーバーには清涼感をほとんど感じませんでした。

清涼感よりも、ほのかに感じる(いくらかミントのような)すっきりとした味わい。ほんの少しだけ甘みを感じるような気がします。
正直に書いておくと、メンソール味で言えば、もっと清涼感を感じるスティック型の電子タバコが発売されています。

タバコフレーバー

タバコフレーバー

「ビターなタバコフレーバー」と書かれたタバコフレーバー。
吸ってみて感じたのは、タバコの苦味というよりは、コーヒーのような香りです。タバコ葉をイメージしているのかもしれません。

たしかに、タバコの葉と言われれば「遠からず」な香り。ほんのりとした甘さがあるようにも感じます。
味の濃さは、他のスティック型の電子タバコと比較してみると、やっぱり少し薄いような印象。
タバコフレーバーと言っても、紙巻きタバコの風味を想像すると、ちょっとがっかりするかもしれません

ビタミンベリー

ビタミンベリー

今回試した中で、一番味の「濃さ」を感じたのが、このビタミンベリーフレーバー。
「ビタミン入りのビタミンベリー」と書かれていますが、開封すると真っ先にブルーベリーガムのような香りがします。すでに、この時点で香りが強いように感じました。

蒸気を吸い込むと、ブルーベリーガムのような甘さと、甘酸っぱい香り。それと、爽やかなミントの清涼感を感じます。
何度か吸っていると、部屋の中がベリーミントの甘い香りが充満します。

3つ試した中では、最も味が濃く、爽やかなベリーの香りも好印象。これはおすすめ。

 

ここまで、3つのフレーバーを試した感想を紹介しました。
全体を通して感じたのは、やはり他のスティック型の電子タバコと比較すると、ほんの少し味が薄いような印象です。

カートリッジ1箱を購入すると、5本のカートリッジが同梱されています。1本あたりのカートリッジの吸引回数は、約240回(吸い方によって異なります)。

カートリッジは、1箱1,480円。これも比較的安価です。
ただ、他社製のカートリッジの中には、1本あたりの吸引回数が400回以上というものもあります。

販売店は?

FLEVOは、DMMの公式オンラインストア以外にも、Amazon、楽天などで販売されています。

徐々に実店舗でも販売が始まっているようです。全国のGEO(ゲオ)で販売されているようです。

現時点では、コンビニでは販売されていません。販売店の詳細については、公式サイトで確認できます。

スポンサーリンク

FLEVOに害はない?

日本の大手企業の製品はほとんど目にしない、電子タバコ。DMMというブランドを冠しているため、電子タバコの中では安心感があるFLEVO。
果たして、健康上の懸念はあるのでしょうか?

FLEVOは、紙巻きタバコとは異なり、ニコチンやタールは含まれていません。
最近の電子タバコには多いですが、日本国内の「食品衛生法」に基づいた成分のみを使用しています。

日本の食品衛生法に準じた食品添加物以外は使用しておりませんので、安心してご利用いただけます。
ただし、人によっては気分の悪くなる香りもありますので、使用中または使用後に違和感を覚えましたら、直ちに使用をお控え下さい。

引用:DMM FLEVO公式サイト

このように、成分に有害な物質は含まれていません。

しかし、電子タバコ製品すべてに共通して言えることですが、全く懸念の無い製品は存在しません。
体に合わないと感じたり、違和感があるようなら、使用を控えた方が良いでしょう。吸いすぎにも注意したいところ。

FLEVOは、低価格ながらDMMブランドを冠した、電子タバコを全く知らない人にとっては始めやすい製品と言えそう。
ただし、味の濃さで選ぶのなら、もっと味の濃いカートリッジ式電子タバコがおすすめ。

以下の記事では、カートリッジタイプ(スティック型)の電子タバコを比較しています。こちらも参考にしてみてください。

カートリッジ式電子タバコの比較を読む

 


サイトのおすすめ記事

ペン型のベイプ 1

入門機というイメージも強い、ペン型のベイプ。 しかし、最近では充分に「煙の量」も「味」もしっかり出るペン型のベイプがたく ...

vapeのおすすめ 2

リキッドを蒸気(煙)に変えて吸い込む「ベイプ」。 専門用語が多く、購入前は難しそうなイメージがあったベイプですが、実際に ...

電子タバコおすすめメーカー 3

電子タバコを購入しようと思っても、製品やメーカーが多く、どの製品を選べば良いのか迷ってしまいます。 残念ながら、まだまだ ...

-電子タバコ

Copyright© 電子タバコVAPEの選び方 , 2018 All Rights Reserved.